徳井義実の税金問題 改めて「不寛容社会」を浮き彫りにした

NEWSポストセブン / 2019年11月3日 16時0分

 そうした発達障害との向き合い方の基本は、まだこの国にできていない。それ以前に、有名人が発達障害を疑われると、野次馬のように衆人が集まり、やれADHDだ、やれASD(自閉スペクトラム症)だとレッテル貼りして、異物視する。昔だったら、「変わった人」や「だらしないやつ」ということで済ましていたのが、障害名をつけて逆に遠ざけてしまう。そういう負の効果も、ここ長い事続いている発達障害ブームの中には潜んでいる。

 この徳井問題、大御所作家の筒井康隆がブログの「偽文士日碌」中で取り上げていた。該当箇所を抜粋しておこう。

〈チュートリアルの徳井義実の件でホリプロより連絡あり。放送日が変更になる。徳井君出演回はどうやら放送中止となるらしい。なんてことだ。別段誰かが死んだわけでもなければ泥棒したわけでもないし、税金も追徴課税を含めてすべて払っておる。徳井義実に代る才能はないぞ。誰が責任を取るんだ。不寛容社会になってきたなあ。不寛容に対してだけ寛容に過ぎるような気がするが〉

 徳井の才能がそこまであるかどうか私は分らない。が、「不寛容社会」というのはよく分る。SNSの発達などで当事者の声を広く一般に知らしめることができるようになった一方、そうした声に気づきもせず、自分たちの「普通」と違う者を排除する、残念な動きも広まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング