歴史捏造教育告発本が韓国でベストセラーになった画期的意味

NEWSポストセブン / 2019年11月12日 7時0分

韓国史に残る事態が発生中

「歴史に学べ」という言葉がある。だが、学ぶように推奨されている歴史が捏造されたものだとわかったら、どうなるか。作家・井沢元彦氏による週刊ポストの連載「逆説の日本史」より、韓国で歴史捏造教育を告発した本がベストセラーになっていることの意味を紹介する。

 * * *
 現代の韓国できわめて重大な動きがあったのでお知らせしておきたい。これはひょっとしたら歴史の分岐点として韓国現代史、いや韓国史の年表に将来特筆大書されることになるかもしれない事件であるからだ。

 それは、韓国の歴史学者(近代経済史専攻)である李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学名誉教授が代表著者となって発表した単行本『反日種族主義』が、十万部を超えるベストセラーになったことだ。李教授はこれまで韓国では、「親日派の売国奴」として知られていた。いや、これも正確に言おう。現代の韓国では「親日派=売国奴」である。その反日体制の頂点に立つのが現在の文在寅大統領である。

 反日は「絶対の正義」であるから、日本は何が何でも「悪」でなければならない。だから歴史教育においてもこの原則は貫かれている。すでに述べたように、韓国はずっと中国の「属国」であったというのが真実の歴史だが、子供たちには「朝鮮半島の国家は悠久の昔から独立国であったが、それを唯一邪魔したのが日本である」というデタラメを教えている。

 その反証となる「大清皇帝功徳碑(だいしんこうていこうとくひ)」の碑文が文政権下において塗り潰されていたことは、『週刊ポスト』十月四日号で証拠の写真入りでお伝えしたとおりだ。だからこそ文大統領は日本が韓国をホワイト国から除外した程度のことで「盗人猛々しい」と罵るわけである。彼らにとって日本は「絶対悪」であるからだ。国民のほとんどすべてがそう信じているからこそ彼は大統領になれた。

 その背景には、戦後の韓国がずっと行なってきた歴史捏造教育がある。何が何でも日本は「悪」だと国民を「洗脳」する教育で、これには保守も革新も無い。ここも正確に言うと、北朝鮮寄りの左翼勢力は最初から完全な歴史捏造教育を行なってきたが、保守的な右派勢力は表向きはそれに賛同するものの裏では「国民を団結させるためのやむを得ぬ方便」という意識が少しはあった。だから保守派においては昼間の公式発言と夜間の宴席の発言はまるで違うということも一昔前はあったのだが、いまやそういう風潮は完全に姿を消した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング