『赤い糸の女』俳優 ベッドシーンの汗で監督「たまらんわぁ」

NEWSポストセブン / 2012年10月15日 7時0分

『真珠夫人』(2002年・東海テレビ・フジテレビ系列)、『牡丹と薔薇』(2004年・同)など数々の名作を送り出してきた昼ドラにまた超話題作『赤い糸の女』(毎週月~金13時30分~、11月2日まで放送予定、東海テレビ・フジテレビ系列)が登場! このドラマで女性たちを振りまわす徳須麟平を演じる瀬川亮(33才)に話を聞いた。

「ぼく、色気ないってずっと言われ続けてるんですよ。男の色気を出していくのが課題だったんですが、徳須役での反響を聞いて自信にもなりました。周りのかたが生かしてくださったんです」

 と爽やかなスマイルで話す彼。役柄とのギャップにびっくり。ベッドシーンでは鍛えられた体を見せてくれるが、役作りの筋トレは一切していないという。

「ラグビーをやっていてガタイがよかったので、10年前役者になるとき事務所から“筋トレ禁止令”が出されたんですよ」

 それでも程よい細マッチョボディーに目がいってしまう。

「ベッドシーン撮影でもよく汗をかくんですよ。監督がぼくの背中の汗を見て『たまらんわぁ』って絶賛してくれたんです(笑い)。汗っかきが功を奏しましたね」

 今回のドラマは、「女の人って男よりすごいなぁと思いますね。茉奈ちゃんや佳恵ちゃんも年下ですけどあの頑張りは尊敬します。あとやっぱり女性を怒らせると怖いなと。今後はプライベートでも女性を怒らせずにやっていきたいです(笑い)」。

 ドラマ後半から再登場する徳須は、ドンファンとしてさらに色男ぶりを発揮し、予想もしないさらに過激な展開になっていくというから今からでも遅くはない。あなたとこのドラマも、“赤い糸”で結ばれているのかも?

※女性セブン2012年10月25日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング