「女性・女系天皇」の議論 カギ握る秋篠宮家の処遇

NEWSポストセブン / 2019年11月19日 16時0分

結婚の行方を全国民が見守っている(写真/共同通信社)

 新天皇即位の祝賀ムードの一方で、令和の皇室がいくつかの難題に直面していることもまた事実だ。その中心にいるのが、「秋篠宮家」だ。秋篠宮は皇位継承順位第1位の「皇嗣」となるが、高齢で即位することの難しさを語ったと報じられており、“即位辞退”の現実味を突きつけられた格好となる。ただし、現行の皇室典範では、皇位継承順位を飛ばす即位辞退は不可能だ。

 そしてもうひとつ、浮上しているのが「女性宮家」を巡る議論だ。即位を祝う「祝賀御列の儀」が行なわれた11月10日のまさに当日、時事通信はこう報じた。

〈安定的な皇位継承の確保策をめぐり、政府内で「女性・女系天皇」の議論を先送りする一方、女性皇族が結婚後も皇籍に残る「女性宮家」を容認する案が浮上している〉

 翌日の会見で菅義偉官房長官は「女性宮家容認案」の存在を否定したものの、安定的な皇位継承のための議論は進めていくとした。この議論もまた、「秋篠宮家」の処遇を巡る問題といえる。

 女性皇族が一般男性と結婚した場合、現行制度のもとでは、皇室を離れる。秋篠宮の長女・眞子内親王、次女・佳子内親王が20代半ばと結婚が考えられる年齢を迎え、公務を担う皇族が減り続けることになる。その対策として、女性皇族が結婚後も宮家の当主として皇室に残れるようにする──というのが「女性宮家創設」の議論である。

 2005年に小泉内閣のもとで「皇室典範に関する有識者会議」がまとめた報告書には、女性皇族は結婚後も皇室にとどまり、その配偶者も皇族とするという内容が含まれていた。この時の議論は2006年に悠仁親王が誕生して、事実上白紙に戻ったが、令和の時代となり、その議論が再燃した状況だ。

「ただ、“新たな論点”となり得るのが、2017年9月に眞子さまとの婚約内定が発表された小室圭氏の存在です。発表後、小室氏の母・佳代さんの金銭トラブルが表面化。今後、2005年の報告書に沿ったかたちで皇室典範が変われば、眞子さまとの結婚後には、小室氏が皇族になる。国民的な反発感情が広がらないかという懸念がある。眞子さまと小室氏の結婚後に制度が変わればそれは避けられるが、今度は眞子さまは一般の人に、佳子さまが(結婚後も)皇族のままという“姉妹の差”が生じてしまう」(皇室ジャーナリスト)

 加えて、「女性宮家」を巡る議論は、父方に天皇がいる男系男子に皇位継承を限定しない「女性天皇・女系天皇」容認の議論にもつながっていく。前述の時事通信の記事では〈「女性・女系天皇」の議論を先送りする〉とされていたが、2005年の有識者会議報告書では容認とする方向性が打ち出されていた。皇室研究者の高森明勅氏が指摘する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング