1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

40代教習所通い作家「青=人が渡る」の認識ぬけず運転苦悩

NEWSポストセブン / 2012年10月19日 16時0分

【書籍紹介】『島へ免許を取りに行く』(星野博美/集英社インターナショナル/1575円)
 
 東京からはるばる長崎の五島列島へ、合宿免許を取りに行った著者。40歳を過ぎて運転初体験の著者は〈一瞬気を抜くと、自分が歩行者なのか運転者なのかがわからなくなる〉。青信号になっても発進せず〈「青は人が渡るんですよね?」/「車も青で渡るじゃろう」〉と指導員に呆れられるなど、毎日が悪戦苦闘の連続だ。そして教習所に併設された牧場で馬の世話に走るなど、現実逃避を続けながらも4週間で卒業検定に――。笑えて泣ける奮闘記。

※週刊ポスト2012年10月26日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング