妻同席の会社の飲み会で45才夫がネクタイを頭に巻き妻が呆れる

NEWSポストセブン / 2012年10月18日 16時1分

 上司に丁寧なのも良いが度が過ぎると困りもの。京都府に住む主婦・Hさん(45才)は、機械系専門商社勤務の夫(45才)と17才の長女と17才の次女と4人暮らし。夫の会社の「妻同席飲み会」でのトホホなエピソードを振り返ります。

 * * *
 ふだんテレビの前にゴロンと転がってるトド男が、水を得た魚とはこのことかと思うほど、居酒屋の座敷を動き回り「こちらは部長と奥さま。こちらは課長と奥さま」と上座から席を決めていくんです。

 部長が「席の上下はどうでもいいじゃないか」と言うと「滅相もございません。ケジメはキチンとつけないと幹事の私が笑われます」ってモミ手までして。

 一同そろって乾杯しても夫の動きは止まりません。「まず一杯」と課長が部下にビールをつごうとした、その瞬間。夫はすごいスピードでビール瓶をひったくり「まままま」。

 席が静かになると頭にネクタイを巻いて「さあ、ぱーっと、ぱーっと飲みましょうっととと」ですって。

 会社では「酒席取締役」というありがたい役職をいただいていて、周りは苦笑しているのに本人はまんざらでもない様子と、聞いて納得しました。

「そういう“あだ名”がついて出世した男はいない」と40年間、サラリーマンをした父は言っているんですが…。

※女性セブン2012年11月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング