「日本にはNHKと朝日新聞があるのが羨ましい」と韓国人記者

NEWSポストセブン / 2012年10月27日 16時0分

 緊張続く日韓関係の中で、日本担当の韓国人記者は何を考え、伝えているのか。長く日本報道に携わるベテランの韓国人記者に、現在の日本を取材して感じることを聞いた。(取材・構成=フリーライター神田憲行)

 * * *
 韓国と日本の緊張関係が続いていますが、日本人相手の取材がやりにくくなったという印象はとくにありません。記事を発表する前に原稿を見せて欲しい、という人が増えたぐらいかな。ただ、抗議のメールというのはずっとあります。韓国人と日本人は、抗議のメールが違うんですね。韓国人は最初から喧嘩腰で「お前はなにを書いているんだ」と興奮しているんですが、論点がよくわからない。一方、日本人からのメールは冷静で論点が明示してあって、最後は必ず、

「あなたは日本が嫌いなのでしょう。いちいち構うな」

 と書いてある。しつこくメールが来て、冷静だけど繰り返し繰り返し書いてあると、いつか実力行使でなにかされるんじゃないかと恐怖を感じています。

 韓国人でも日本人でも敏感に反応するのが、やはり尖閣諸島問題です。率直に言って、韓国国内の反応は「ざまあみろ」という気持ちが強い。自分たちが実効支配している国に外国から攻めてこられたら、嫌だろうと。独島の問題と重なるんですよ。

 韓国国内の気持ちを反映しているのが、尖閣諸島の表記です。我々は実効支配ベースで「独島(日本名・竹島)」と書いてきました。その論理で考えるなら「尖閣諸島(中国名・釣魚島)」と表記すべきなんだけれど、そう書くと韓国読者から抗議のメールが来るんです。韓国のテレビ局は「釣魚島(日本名・尖閣諸島)」と表記しています。私は論理的には「尖閣諸島(中国名・釣魚島)」と書くべきだと思うのですが。

 取材対象として興味があるのはネット右翼の「在特会」です。「在日特権を許さない」と言われても、私たちいつも差別されたり下に見られてきたから、「はあ? どこに特権が?」と思う(笑)。今の日本人は「反日」という言葉に敏感すぎる。韓国にしても中国にしても、「反日」は今に始まったことじゃないのに、反日にこれだけ敏感に反応する日本人を見たことがない。

 韓国人からすると、日本人は冷静で頭が良くてなにを考えているのかわからない民族で、いつかまた侵略戦争を仕掛けてくるという、確信に近い恐れがあるんです。韓国人は戦争に対する恐怖感が常にあるんですよ。北朝鮮、中国……韓国に対して領土的野心がないのはアメリカぐらいじゃないか。だからヨン様ブームとか「韓流」で韓国が好きな日本人の話を聞いても、「なにそれ、またバカにするために何か企んでいるんじゃないか」と最初に考えてしまう。そもそもヨン様が韓国でトップクラスの俳優とはいえない人だからね(笑)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング