ラグビーの日本リーグに世界の超スーパースターが集結の理由

NEWSポストセブン / 2012年10月24日 16時0分

 いま日本ラグビーがとにかくアツい。今年で開幕10年目を迎える日本ラグビーの最高峰「ジャパンラグビー・トップリーグ」。そのトップリーグで世界1位2位を争う超一流選手が数多くプレーを魅せているからだ。

 例えば、パナソニックワイルドナイツに所属するソニー・ビル・ウィリアムズ(27、ニュージーランド代表)は、世界的な超人気選手。現役のプロボクサーで、東洋太平洋ヘビー級1位でもある。他にも、世界最高峰のFBといわれるミルズ・ミリアイナ(32、ニュージーランド代表)はNTTドコモレッドハリケーンズに所属、豪州代表で110キャップを誇るジョージ・スミス(32)もサントリーサンゴリアスに所属している。

 サッカーにたとえれば、メッシやクリスチアーノ・ロナウド級のスーパースターが、Jリーグでプレーしているような状態だ。いや、大げさではなく。

 その理由は季節にある。ラグビー世界ランキング1位のニュージーランド、2位のオーストラリアの選手にとって季節が逆となる日本での利点は大きい。『ラグビーマガジン』編集長の田村一博氏がその背景を語る。

「ラグビーのシーズンは秋から冬にかけてで、ニュージーランドや豪州のシーズンは2~8月です。日本は9~1月。向こうのオフシーズンにプレーができ、時差も少なく移動も比較的ラク。半年を日本でプレー、残りは南半球でというプレーヤーもいます」

 しかし残念ながら、東京・青山の秩父宮ラグビー場をはじめ、まだまだ空席が目立つ。ニュージーランド人が見たら目を疑う光景だろう。

 2019年には日本で初めてラグビーワールドカップが開催される。世界的スターの活躍は、はたして今後の日本でのラグビー人気を盛り上げてくれるのだろうか?

※週刊ポスト2012年11月2日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング