着脱型カツラの2つの難点 「頭に汗かきズレる」「強風に弱い」

NEWSポストセブン / 2012年10月27日 7時0分

 カツラにはさまざまな装着方法があるが、自分の目的やライフスタイルに合ったものを使用しないと、難点となってしまうこともある。

 例えば、一般的な【着脱型】の場合はどうか。

 最近はベースに通気性がよい素材を使用しているが、それでもカツラを着けていると暑くて蒸れやすいという。ほかのタイプのカツラにもあてはまる話だが、これが着脱型の場合には大きな問題になるようだ。

「私は汗っかきな体質なので、カツラを着けていると常に頭が汗をかいている。そうすると留め具のところも濡れて、カツラがずれやすくなるんです」

 この50代男性がそれでも着脱型を愛用しているのは、どうしても頭が暑いときは、取り外して涼みたいからだという。

 そしてもう一つの難点が、何よりも強風に弱いということ。外では、どこで強風に遭遇するかわからないため常に警戒態勢で、カツラのことで頭がいっぱい。

 外回りが多いサラリーマンは、あまり使わないほうがいいかもしれない。

※週刊ポスト2012年11月2日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング