宇垣美里は先輩・田中みな実の座を脅かす存在になれるか

NEWSポストセブン / 2020年1月5日 16時0分

先輩の背中はまだまだ遠いか(時事通信フォト)

 女子アナの枠にとどまらない爆発的な人気を見せているのが元TBSの田中みな実(33)だ。昨年12月13日発売のファースト写真集『Sincerely yours...』は、発売わずか3日で30万部を突破。

 濡れたシャツにバストが張り付き、トップの形がクッキリ分かるセクシーカットが収録されていることも話題を呼び、50万部も狙える勢いだという。

「男性ファンが飛びついたのはもちろんですが、女性の購入者も多いようです。かつてはぶりっ子キャラで“女性が嫌いな女子アナ”の常連だったのに、美容へのこだわりを発信することで同世代女性のカリスマになった。

“2匹目のドジョウ”を狙うオファーも殺到しているが、本人は“やりきった”と話していて、当分は2冊目を出すつもりはないようです」(グラビア編集者)

 そこで白羽の矢が立ちそうなのが、同じくTBS出身のフリーアナ・宇垣美里(28)である。

「田中みな実が退社した年にTBSに入社。その愛らしいルックスで、新人時代から“ポスト田中みな実”と呼ばれていた。昨年のフリー転身後も美容雑誌で自慢のスタイルを披露したり、ドラマに出演したりと先輩の田中と似たようなキャリアを積んでいる。

 宇垣は過去にフォトエッセイを出しているが、それはセクシーさ皆無のナチュラルな内容。もし宇垣が過激ショット満載の写真集を出せば、田中並みのブレイクも夢じゃない」(アイドルウォッチャー)

 はたして宇垣はセクシー女王・田中の座を脅かす存在となれるのか。しかし、宇垣は先輩・田中に苦手意識を持っているらしい。そう話すのはあるTBS関係者だ。

「2018年6月、まだ社員だった宇垣アナのラジオ番組に田中さんがゲスト出演したんです。そのとき田中さんから“宇垣さん、鼻濁音が苦手なのかな”とアナウンスの難を指摘された。さらに“フリーになっていろんな仕事がしたい、いろんな局に出たいというバイタリティはあんまりなさそうだな”とまで言われて、宇垣アナはすっかりタジタジになってしまった。キャラは似て見えるけど、押し出しの強さでは田中さんの圧勝ですね(笑い)」

 後輩・宇垣は先輩の厚い壁を乗り越えることができるのだろうか。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング