AKB『ポニーテールとシュシュ』元ネタはドリフのヒゲダンス

NEWSポストセブン / 2012年10月28日 7時0分

写真

『ディープピープル』案内役の関根勤と中川翔子

10月28日(日)24:10からオンエアされる『ディープピープル』(NHK総合)に、AKB48や少女時代、NEWSらトップアイドルの振り付けを手がける注目の「振付師」3人が登場する。同番組は、同じ道を極めた3人のプロフェッショナルが、司会なしでその神髄を徹底的に語り合う新型トーク番組。案内役の関根勤と中川翔子は別スタジオでモニタリングしながら、マニアックなコメントを加える。

 28日の放送では、牧野アンナ、仲宗根梨乃、杉谷一隆(振付稼業air:man主宰)の3人が、華やかなダンスに秘められた裏技の数々を披露。『ヘビーローテーション』や『MR.TAXI』などのヒット曲を例に、AKB48をかわいく見せるための手の動きや、少女時代のセクシーさを引き出す腰の動きなど、アーティストを輝かせるテクニックについて、PVやライブ映像、実演を交えながら臨場感たっぷりに解説する。さらに、秋元康からのダメ出しエピソードなど、振付師ならではの苦労もぶっちゃけトーク。振り付けの世界が凝縮された30分間となっている。

 老若男女の記憶に残る「キャッチーな振り付け」を生み出すために、それぞれ試行錯誤してきた3人。牧野は、AKB48の『ポニーテールとシュシュ』の振り付けで、意外なものをヒントにしたことを明かす。それは、ザ・ドリフターズの“ヒゲダンス”。あのペンギンのようなコミカルな動きをAKB流のかわいい振り付けにアレンジし直したのだ。

さらに、『フライングゲット』ではピンク・レディーの振り付けを応用したという。一方、仲宗根はマイケル・ジャクソンを少女時代に取り入れた例を、杉谷は『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)で培った振り付けメソッドを公開。それぞれ発想の源泉を惜しみなく語り合う。

 このほか牧野直筆の、緻密に計算されたAKB振り付けノートや、air:manが制作したCM『酔わない!ウメッシュ』のお蔵入りになった幻の振り付け動画など、ここでしか見られない貴重な映像満載でOAされる。

この3人を紹介すると、牧野はAKB48・SKE48の振付師で、“ダンスの技術が高くなくてもかわいく踊れる振り付け”を信条とするアイドル振付のエキスパート。仲宗根は美脚ダンスで知られる少女時代や東方神起などのK-POPアーティストを手がける振付師。ブリトニー・スピアーズのバックダンサー経験などで培った“カッコかわいい”振付が特徴。杉谷は7人組ユニット、振付稼業air:man(エアーマン)の主宰。『酔わない!ウメッシュ』などのCMからアーティストのPV、『おかあさんといっしょ』まで、あらゆるジャンルにわたり年間1000パターンもの振付を生み出す。

今後のラインナップとして、11月4日オンエアでは、「FMラジオDJ」小林克也×クリス・ペプラー×ピストン西沢。11日は「スピードスケート・男子500M」清水宏保×長島圭一郎×加藤条治。18日は「ヒットCM~企画の裏側~」澤本嘉光×箭内道彦×山崎隆明が出演予定。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング