3人の食通が紹介 おかわりが止まらなくなるごはんのお供

NEWSポストセブン / 2020年1月14日 16時0分

柴田理恵おすすめの「イカの黒作り」

 外食もいいけれど、外は寒いし、出かけるのもめんどう。そんな年の初めはちょっと奮発して、自宅に居ながら全国のおいしいものが食べられるお取り寄せを楽しみませんか?

 グルメな3人が推す、「間違いなし!」のごはんのおともをご紹介!

 タレントの柴田理恵さんがお勧めするのはこちら。

【富山県】イカの黒作り●1000円(200g)/蛯米水産加工

 昔ながらの製法でイカの肝臓とスミを合わせ、熟成醗酵させた珍味。

「黒作りは地元富山のソウルフード。イカスミの独特の香りと風味がしっかりと味わえます」(柴田さん)

 続いて、歌舞伎俳優・尾上松也さんの逸品はこちら。

【長野県】野沢菜油炒め(ふるさとの味詰合せ)●1990円(6個セット)/ツルヤオリジナル

 長野県のご当地スーパー『ツルヤ』のオリジナル商品。

「しっかりした野沢菜の味とごま油の香ばしい風味で、ご飯がすすみます。公演中も楽屋でつまむほどリピートしてます」(尾上さん)

 料理芸人の藤井21さんはこちらをプッシュ。

【埼玉県】国分牛 牛削り節ふりかけ●3704円(350g)/中村家

「国分牛の赤身肉を、すき焼き風に調理したふりかけ。ご飯にたっぷりかけると、ダイレクトに牛肉の旨みが感じられます。甘辛味で、卵かけご飯との相性も最高ですよ」(藤井さん)

撮影/市瀬真以

※女性セブン2020年1月16・23日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング