長谷川理恵 30.2万円おむつ入れマザーズバッグでブログ炎上

NEWSポストセブン / 2012年11月4日 7時0分

 10月29日に第1子となる長男を出産した、長谷川理恵(38才)。母子ともに経過は順調だというが、出産前の“ひとこと”を巡って、また騒動が起きていた。

<マザーズバッグ、色々見たけどこれにしました。とっても軽いし、フリンジ使いがシャネルらしい きっと荷物増えるんだろうなー!>

 10月14日、自身のブログでこう綴った長谷川だが、その直後から、ネット上では、ブーイングの嵐。

<機能性よりオシャレ重視って、この人、子育て、大丈夫なの?>

<写真つきでわざわざ書いてセレブアピール? 逆に貧乏くさい>

<自慢したいだけでしょ>

 と炎上する事態になってしまったのだ。

“マザーズバッグ”とは、ほ乳瓶やおむつ、タオルなど、赤ちゃんと外出するときの必需品を持ち運ぶためのバッグのこと。平均して6000円前後で、軽さや耐久性、容量など、実用的な面を重視する母親が多い。

 そんななか、長谷川が選んだのは超高級ブランド『シャネル』の2012年秋冬新作で、お値段は、なんと30万2000円!

「しかも、長谷川さんが選んだのはマザーズバッグではなく、普通のオシャレ用のバッグです。アンジェリーナ・ジョリーやジェシカ・アルバなど、ハリウッドセレブの中には、エルメスやヴィトンのバッグをマザーズバッグとして使っているかたもいますが…。長谷川さんはそういう海外の本物のセレブに憧れているのかもしれませんね」(あるファッション評論家)

 ちなみに、梨花(39才)や藤本美貴(27才)といったママたちも自身のマザーズバッグをブログ等で公開しているが、高くても1万円ほどで実用性を重視。

 それに比べ、30万円の高級バッグを選んだ長谷川に対し、違和感を覚えた人もいたようだ。

※女性セブン2012年11月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング