人気爆発レモンサワー コカvsサントリーの新ガチンコ対決も

NEWSポストセブン / 2020年1月25日 7時0分

生産が追い付かず一時販売を休止しているコカ・コーラの「檸檬堂」

 缶チューハイ市場で不動の人気を誇るレモンサワー。コカ・コーラグループが初めて手掛けたアルコール飲料の「檸檬堂」も売れすぎて一時出荷を休止すると発表したばかり。そんなコカ・コーラの進撃に待ったをかけようとガチンコ対決を挑んでいるのがサントリーだ。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が、ますます過熱するレモンサワー商戦をレポートする。

 * * *
 コカ・コーラとサントリーといえば飲料業界の首位と2位の好敵手。サントリーホールディングス副社長の鳥井信宏氏はかつて、飲料事業を担うサントリー食品インターナショナル社長を務めていた頃、こう語っていたことがある。

「国内マーケットで国内メーカーがトップになっていないのは、食に関わるジャンルでは外食と飲料だけ。つまり、マクドナルドさんとコカ・コーラさんですが、母国市場の日本ですから、ウチも何とかトップになりたいですよね」

 最大のライバルであるそのコカ・コーラが、局地戦ながら異種格闘に挑んできた。一昨年5月から九州エリア限定でテスト販売を行い、昨年10月末から、満を持して全国発売したレモンサワーの「檸檬堂」がそれで、コカ・コーラvsサントリーのライバル対決が、アルコール分野にまで飛び火した形だ。

 もちろん、缶チューハイなどのRTD(レディ・トゥ・ドリンク)分野全体ではキリンビールとサントリースピリッツが2強で、それぞれ「氷結」や「-196℃」といった看板ブランドが圧倒的な販売ボリュームを稼いでいる。それ以外のハイボール缶も含めて、縮小が止まらないビール市場と反比例するように伸びているのがRTDだが、中でも目を見張る勢いなのがレモンサワーだ。

 年頭の事業方針説明会の際、サントリースピリッツの神田秀樹社長は、「従来のRTD市場と一緒にせず、レモンサワーという1つの市場として捉えている」と語っていた。それだけ、まだまだ伸びしろがあるという手応えを感じているのだろう。

 実際、同社はまず、2018年2月に「こだわり酒場のレモンサワーの素」という濃縮タイプの瓶商品を売り出し、想定以上にヒットした。これを受けて昨年は、3月5日から缶商品で「こだわり酒場のレモンサワー」(アルコール度数は7%)も投入したところ、これがまたウケて、何度も販売数量の上方修正をしている。

 昨年、レモンサワー市場全体は2523万ケース(1ケースは6リットル換算)で前年比117%と大きく伸びたが、サントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」は当初計画の、実に4.7倍の978万ケースを売った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング