石田エレーヌアナ 産休明けで戻っても仕事心配と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月8日 7時0分

 ただいま妊娠6か月、担当する『スッキリ!!』(日本テレビ系)は高視聴率をキープと、公私ともにノリノリの石田エレーヌアナ(30)の“絶口調”が止まらない。

『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系・10月21日放送)に出演した彼女は、突然こんなプライベートをぶちまけた。

「夫との日常会話をICレコーダーに録音しているんです──」

 思わず「ギョッ」としてしまう告白である。前号の週刊ポストでも報じたが、いま巷ではICレコーダーで会話を録音し、それを“武器”として利用する「録音族」が急増している。高嶋政伸・美元夫妻の離婚裁判でも「DVの証拠」として音源が提出されたことは記憶に新しい。

 もしや新婚ホヤホヤのエレーヌアナですら、来るべき「離婚」に備えているというのか? 日テレのスタッフが笑う。

「別に離婚対策というわけではないみたいですよ。エレーヌさんの旦那は、彼女と違って論理的で細かい人らしく、野菜の水切り機をひとつ買おうとしただけでも“そんなものは必要ない”“買うだけのメリットはあるのか”と、エレーヌさんをことごとく論破してしまうんだそうです。番組では、そんな夫に対抗するために夫婦の会話をレコーダーで録音し、夫を説得すべく研究していると話していました」

 そんなかわいらしい理由なら別にいいか、と納得してはいけない。夫婦の会話を常に録音しているだけあって、この日のエレーヌアナは夫の「恥ずかしいエピソード」をこれでもかと大暴露した。

「夫は昔お笑い芸人になりたかったのに、友達がいないから地元の駅前の電柱を相手に漫才の練習をしていた」

「買い物を忘れて夫に“自分が忘れっぽいってことを理解していないのか”“リストを作れ”とネチネチ文句をいわれた」

 ……などなど。こんな話を高視聴率番組で妻にネタにされたほうはたまったもんじゃない。別の日テレ社員がいう。

「エレーヌさん、アナウンサーとしては厳しい状況にある。『スッキリ!!』でも演出スタッフに見切りをつけられて、長いナレーションはまったく任されず、“次は○○です”といった短いセリフしか与えられないぐらいですから。産休明けで戻ってきても仕事はないかも。バラエティに今後の活路を見いだすために、ちょっと張り切りすぎちゃったんじゃないか」

 それでも夫にとってはいい迷惑。我慢が限界に達する日も近いのでは。エレーヌさん、数年経って録音内容を「別の用途」に使うことにならないよう、気をつけて下さいね!

※週刊ポスト2012年11月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング