ペアルック大好き夫妻 5歳の孫にも強制的にペアルック要求

NEWSポストセブン / 2012年11月9日 7時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、住宅メーカー勤務のご主人(62歳)。奥様(59歳)とは今でも体型がほとんど一緒です。

 * * *
 若い頃は夫婦揃ってペアルックを楽しんでいましたが、50を過ぎてからは、女房は平気でも、僕のほうが気恥ずかしくなり、避けております。

 そんな僕たちが、ペアルックの相手としてターゲットにしたのは5歳の孫。男の子なんですが、「新しいスニーカーが欲しい」というので、僕が「ジイジと一緒だよ」と渡したのは、黒に黄色のストライプが入ったデザイン。一方、女房が渡したのは赤と白のデザインです。

 孫は「バーバのほうがいい!」といい。女房は勝ち誇った顔。2人でお揃いのスニーカーを履いて、「ちょっと散歩してくるわね」と出掛けるのを、僕は悔しさ半分で見送りました。

 でも先日、僕が孫に緑のポロシャツ、女房が赤のポロシャツを渡したら、「ジイジのほうがいい!」だって。やりました! 孫とペアルックです!

「アナタ、孫に偏向教育したでしょ! 赤を嫌いになるって変だもん」と愚痴る女房を完全無視です。よーし、次も勝利だ!

※週刊ポスト2012年11月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング