ピカソの絵は何故高い?その疑問に多角的に迫る芸術論の本

NEWSポストセブン / 2012年11月11日 16時0分

【書籍紹介】『ピカソは本当に偉いのか?』(西岡文彦/新潮新書/714円)

 高額なピカソの絵に疑問を持った人は少なからずいるはず。その素朴な疑問に多角的に迫る。ミケランジェロは単なる職人だった、画商や美術館の誕生という時代背景、それでもピカソの絵は驚異的に上手い等々、現代美術の世界が垣間見える異色の芸術論。

※週刊ポスト2012年11月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング