シスターになろうと思った理由 「神に呼ばれた」「招かれた」

NEWSポストセブン / 2012年11月8日 16時0分

 ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、修道女として学んだことをまとめた『置かれた場所で咲きなさい』が70万部を超えるベストセラーとなっている。謎に包まれているイメージのある修道女だが、いったいどんな生活を送るのだろうか。

 日本のキリスト教信者は人口の1~2%と少ない。その信者たちの中でも、非常に信仰に厚い女性たちが目指すのが修道女。キリスト教徒は洗礼(入信の儀礼)を受けて信者となり、毎週日曜日のミサ(礼拝)などに通うが、修道女たちはもっと厳格だ。宗教学者の島田裕巳さんが解説する。

「修道女は、いわば人生そのものが信仰の道。修道女になると、基本的に、教会に隣接する修道院などで暮らし、一生涯をそこで過ごすことになります。恋愛や結婚も禁止。これは、神様に『清貧』(=自分のものを持たず、貧しくとも清く、神様だけを頼って生きる)、『貞潔』(=神様と人々のために、一生独身で奉仕する)、『従順』(=修道院の上長をとおして神様の望みを知り、生きる)という3つの誓いを立てるからです」

 この誓いは、「キリストとの結婚」ともいわれ、そのシンボルとして指輪やロザリオを渡す修道院もあるという。

 女性向けの修道院を持つ修道会は、日本全国に約100あり、外国人を含めて約5500人が暮らす。なぜ、彼女たちは一般の信者では満足せず、修道女になることを選んだのか。自らも洗礼を受けたクリスチャンで、修道女たちへのインタビュー取材をしている、ライターの渡辺麻実さんはこう語る。

「皆さんに『なぜシスターになろうと思ったのですか?』と質問しますと、必ず『神に呼ばれた』『神様に招かれた』と、おっしゃいます。お祈りしている最中に、神様の声が聞こえて、召出される(=呼び出される)神秘的な体験があったといいます。それが、神様に選ばれたことの証で、一生修道女でいようと確信する瞬間なのだそうです」

 渡辺麻美さんによると、修道女たちの多くに共通点が見られるという。両親が敬虔なクリスチャンだったり、あるいは、仏教徒でも信心深く、宗教への精神的な壁がない人が多いという。

※女性セブン2012年11月22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング