脂肪組織から幹細胞が発見 乳がん後の乳房再建や豊胸に活用

NEWSポストセブン / 2012年11月14日 16時0分

 現在研究中の幹細胞には、ES細胞(胚性幹細胞)、iPS細胞、体性幹細胞の3種類がある。血管や骨、軟骨などに成りうる幹細胞は間葉系幹細胞と呼ばれ、すでに骨髄幹細胞を利用して閉塞性動脈硬化症やバージャー病の血管新生を促す再生医療で有効な成績を上げている。しかし一度に大量に採取できず、約3週間培養しなければならない。

 2001年、脂肪組織の中にも間葉系幹細胞が存在することが報告された。脂肪組織由来幹細胞は骨髄に比べ約5000倍も多く含まれ、増殖力が高いことが判明、再生医療への応用が始まっている。

 聖心美容外科(東京都港区)の鎌倉達郎統括院長に話を聞いた。

「脂肪組織由来の幹細胞を利用した初の再生治療は、2006年に九州中央病院で、乳がん手術後の乳房再建として実施されました。美容外科では従来より痩身の脂肪吸引や豊胸のための脂肪注入が実施され、私はこの分野の専門として皮下脂肪採取及び、注入担当として治療に参加しました」

 脂肪組織由来の幹細胞の働きは、大きく3つある。1は新たな脂肪細胞になる。2は血管の細胞になる。3は血管を増やすVEGFなどサイトカイン(血管新生因子)を増やす。これら3つの作用で血管新生が促され、患部に栄養や酸素が運ばれる。乳房再建術でこれらの働きを応用する。

 脂肪細胞の寿命は約10年といわれ、細胞が死ぬと当然容積が減る。しかし注入する脂肪に幹細胞を混ぜると、脂肪細胞が死ぬときに幹細胞からシグナルが出て幹細胞が脂肪へと分化する。これが新たな4番目の働きである。乳がん後の乳房再建だけでなく、豊胸術にも応用され聖心美容外科では500症例以上に実施されている。

 また欧米を中心に脂肪組織由来の幹細胞を使った心臓疾患、放射線潰瘍、クローン病、頭蓋骨再生、I型糖尿病など難病の治療研究が行なわれ有効性が確認されている。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2012年11月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング