嵐やK-POPスターらに熱愛続きの冬、深く傷つくファン心理

NEWSポストセブン / 2020年3月5日 7時0分

年明けに熱愛を認めたTWICEのモモ(写真/アフロ)

 令和初の冬は芸能ニュースが花盛り。昨年11月には嵐・二宮和也(36才)が元フリーアナウンサーの女性との電撃結婚を発表。さらに今年もまだ3か月しか経っていないのに櫻井翔(38才)のベトナム婚前旅行がスクープされた。特に二宮の結婚にはショックを受ける人も多く、ネットではこんな声が。

「“100年先も愛を誓うよ~♪”──とか嘘でしかねぇ。11年も応援してきていまガチで降りようとしてる。(ニノの件)」

 さらに、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫が発覚。こんな反応もあった。

「東出よ! 2年半は長すぎる。5年間の結婚期間の半分は不倫していた。しかも妊娠、出産の時期。子供に触ってほしくない」

 K-POP界でも芸能ニュースが目白押し。2019年12月30日、東方神起のチャンミン(32才)が「知人の紹介で知り合った年下の一般女性と交際中」と韓国で報じられると、日本のファンにも激震が。韓国所属事務所は同日その事実を認めると、

「推しに幸せでいてほしいけど、その人にとっての幸せが恋愛ならアイドルやめてからにして…」

 と、がっかりするファンも続出。

 また、2020年1月2日、TWICEのモモ(23才)とSUPER JUNIORのヒチョル(36才)の熱愛説が浮上してから5か月後、両者の所属事務所が交際を認めた。国籍の違い、年の差(13才)を超えた恋愛が日韓で大きな話題となった。

 さらに、1月13日には、EXOのチェン(27才)が、韓国の所属事務所が発表した報道資料を通じて一般女性との結婚を報告。公式サイトの本人直筆メッセージでは相手女性の妊娠も報告した。幸せなニュースだが、ネット上では、

「結婚発表する前まで死ぬほど大好きだったし生きる糧だったのにもう擁護する気すらなくなっちゃったよ」

 と、やはりショックを受けるファンも少なくないようだ。

 応援するスターたちには幸せになってほしいとはいえ、誰かのものになってしまうのは、悲しいこと…。スターを愛するファンたちにとっては、試練続きの令和の冬である。

※女性セブン2020年3月19日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング