家計簿つけてる主婦の貯金額 つけてない主婦より200万円多い

NEWSポストセブン / 2012年11月27日 7時0分

 現在、手描きの家計簿がブームになっているという。節約には効果的な家計簿だが、面倒くささを感じる人も多いはず。そこで、今最も売れている家計簿『つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2013』(小学館刊)の著者・細野真宏さんが「貯まるコツ」「続くコツ」をレクチャーする。

 * * *
「もやし」と「バナナ」と「家計簿」。この3つの共通点が何かわかりますか? 総務省の家計調査によると、この数年で「もやし」と「バナナ」の消費量がぐんぐん伸びていて、約20%増となっています。このふたつの食材は安くて栄養価が高いため、「節約に必須」と買い求める家庭が増えているのです。

 実は、同じように、「節約に必須」と、ここ数年爆発的な売れ行きを見せているのが「家計簿」なのです。特に今年は、消費税アップを控えて、家計簿ブームがいっそう盛り上がっています。例えば、神奈川県相模原市の『ACADEMIA くまざわ書店橋本店』では、家計簿の売れ行きが前年よりも1~2割アップ。その理由を、店長の岸孝行さんはこう話しています。

「(2014年4月からの)消費税アップが決まった影響が大きいですね。家計簿を購入されたかたからは、『赤字にならないか不安で』『増税前に家を購入しようと思っているけど、家計がローンに耐えられるか知りたくて』といった心配の声をよく聞きます」

 確かに家計簿をつけることの節約効果は抜群です。0代から50代までの既婚女性200人を対象に、『女性セブン』が実施したアンケート調査では、「家計簿をつけている主婦」の平均貯金額は838万円で、「つけていない主婦」の644万円を大きく上回りました。

 つまり、家計簿をつけているだけで、貯金に200万円もの差がついているのです。私は、家計簿をつける1日3分の習慣を、「節約力を磨くトレーニング(=節トレ)」と呼んでいます。

 ただ、家計簿と聞くと、「毎日つけるのは面倒」と感じてしまう人も多いでしょう。同じアンケート調査で、現在“家計簿をつけていない人”に聞いてみたところ、約6割は、「過去に家計簿をつけたけど…」という挫折経験者でした。

 節約は地道な努力の積み重ねですが、計算をしたり、買い物のメモをとったり、という習慣は簡単なように見えて、なかなか続けることは難しいものなのです。

 そこで、家計簿で挫折してしまった人や、これからつける初心者の人でも、続く家計簿を作れないか──と、私が3年前に考案したのが、『つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート』です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング