出演理由わからないコメンテーター DAIGO、デーモン、一茂

NEWSポストセブン / 2012年12月7日 16時0分

 主婦層など大衆の世論形成に大きな影響力を持つワイドショー。作家の麻生千晶氏とコラムニストの今井舞氏が、芸能人・元スポーツ選手のコメンテーターを辛口批評する。ワイドショーには、出演理由がよくわからないコメンテーターも少なくない。

■DAIGO(『ひるおび!』TBS系)
母方の祖父が竹下登元首相というロックミュージシャン。

「消費税、衆議院解散など政治の話題で恵俊彰から『DAIGO君、わかった?』と話を振られても『はい、大丈夫っす』としか答えない。このやりとりに象徴されるように、馬鹿キャラ、お笑い担当として起用されているのだろうが、ろくにギャグも言えず、役立たずと言われても仕方ないのではないか」(今井氏)

■デーモン閣下(『ひるおび!』)

「NHKの中継にゲスト出演するほど詳しい大相撲の話題ではよく喋るが、それ以外ではあまり発言しない。不得意な分野でいい加減な発言をするよりはましだが、厚塗りしすぎて顔の筋肉が動かないのではないかと勘繰ってしまうほどだ」(麻生氏)

■長嶋一茂(『モーニングバード!』テレビ朝日系)

 喋らないという点ではデーモン閣下よりさらに上手。

「自分からはほとんど発言せず、天下りの名誉顧問のように仏頂面で座っている。スポーツ選手の話題を振られても、『頑張りが足りない』と素っ気なく精神論を言って終わり。一度もまともに発言しない日もある」(今井氏)

 DAIGO、一茂……2世、3世はダメということか。これに対し、頂点を極めた元スポーツ選手には高く評価される人もいる。

■清水宏保(『モーニングバード!』)

「ソフトバンクがアメリカの通信会社の買収を発表した時、『日本のユーザーにメリットがあるのでしょうか』と問題点を指摘した。ロンドン五輪のメダリストらが皇居のお茶会に呼ばれた時、かつて自分も呼ばれた経験をもとに、天皇陛下が放つ独特のオーラから絨毯の感触までをリアルに語った。彼のコメントは傾聴に値する内容であることが少なくない」(麻生氏)

※SAPIO2012年12月号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング