ロバート馬場が伝授 塩味袋麺でつくるタイ風ラーメン

NEWSポストセブン / 2020年5月31日 16時5分

レモンの風味さわやかなタイ風ラーメン

 そろそろ、いつもと違う食事が楽しみたいと思っても、外出は自粛しているしお店もあまり開いていない。自宅でもできる、いつもと違う料理を著書『ロバート馬場ちゃんの毎日毎日おいしい本』(KADOKAWA)もあるお笑いトリオ・ロバートのメンバー、馬場裕之に塩味の袋麺でつくるタイ風ラーメンの作り方を聞いた。

「数年前にタイ料理にハマってナンプラーをいろいろな料理に使い出し、即席ラーメンでも使ってみようと試みたのが、このレシピです。ナンプラーは、クセは少しあるものの旨味がある調味料なので、肉などを入れなくてもグッとくる味に仕上がります。レモンの酸味と香りがナンプラーと相性がとてもよいです。僕はお昼ごはんに作って食べています。具材として海老を入れても美味しいですよ!」

【材料】(1人分)
塩味の即席ラーメン:1袋、鷹の爪:1本、国産レモン:1/2個、ナンプラー:小さじ1/4、万能ねぎ:1本

【作り方】
(1)鍋に指定の量より10ml多い水と、種を取った鷹の爪(辛いのが好きな人は種ごと)を入れて加熱する。
(2)その間に、よく洗ったレモンの皮を剥き、皮を千切りにする。万能ねぎは小口切りにする。
(3)(1)が沸騰したら麺を入れる。
(4)温めたどんぶりに(2)で残ったレモンを絞り、種があれば取る。
(5)(3)にナンプラー、付属のスープの素を入れて混ぜ、麺がゆで上がったら(包装の指定時間を参考に)、どんぶりに盛り付け、(2)を散らす。

●ばば・ひろゆき/1979年生まれ、福岡県出身。お笑いトリオ「ロバート」のメンバー。YouTubeチャンネル『馬場ごはん』で簡単レシピ・調理風景を好評配信中。

※週刊ポスト2020年6月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング