1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

森喜朗氏 敵対する辻元議員にラグビー早慶戦応援要請の過去

NEWSポストセブン / 2012年11月29日 7時1分

 森喜朗・元首相(75)は、43年に及ぶ国会議員生活を終える前日、本誌の取材を受けた。彼が熱望したテーマは、「ラグビー」である。日本ラグビー協会会長として思う存分ラグビー愛を語り始めたと思いきや、いつの間にかラグビーを喩えに政治にも広がった。プロインタビュアーの吉田豪氏が切り込む。

――森さんはホントに大好きですよね、ラグビーが。

森:好きよ。ラグビーをやってるヤツでこれ(ラグビー)を嫌いになったヤツはひとりもいないよ。探してごらん。これだけは不思議なスポーツだね。

 こないだ博多でゴールデンオールディーズっていう、世界中のお年寄りのラグビーファンが集まる大会があったんですよ。40~80代まで、自分たちでチームをつくって参加するわけ。勝ち負けはどうでもいいんだ、ラグビーを楽しむっていうね。で、僕もそうなんだけど、本人は走ってるつもりなんだけど、外から見てると陸上の競歩のほうがはるかに速い(笑)。それでもラグビーが楽しめるというね。

――森さんもラグビーの大会があると、ユニフォームを着て写真を撮るだけだからって周りのスタッフを騙して、平気で試合に出場するみたいですね(笑)。

森:こないだはやめたけどね。ちゃんとジャージも着てたんだよ。やる気ではあったんだけど時間的に間に合わなかった。第1試合のレフェリーをやってホイッスルを吹いて。その次にこっちの会場で試合やろうと思って着替えてたら、午後から本会議だっていうんで、九州からすぐ帰った。

――残念でしたねえ(笑)。

森:だから怪我をせずに済んだ。そういうときに試合すると怪我するんだ。ワールドカップのときは各国会議員のチームも開催地に集まって、大会の前日ぐらいに試合するんですよ。で、大概怪我するもん、何人か。

――でも、やりたくなる。

森:やりたくなるの。人間っていうのはボールを持つと、じっと持ってこうしてるっていうことはないよね。やっぱり、なんとなくパスしたくなるもんね。そうすると、それをまた邪魔したくなる。それを持って蹴りたくなる。それは本能なんでしょうね、人間の。

――辻元清美さんがまだ社民党のころに取材して聞いたんですけど、敵対していたはずの森さんから突然電話がかかってきて、何かと思ったら、お互い早稲田出身者ということで、早慶戦で早稲田の応援が足りないから、なんとかならないかって電話だったって(笑)。

森:ハハハハハ!

――ラグビーではホントに超党派なんだなって。

森:今日は政治の話はしないつもりだったけど、僕は何でも超党派なんだよ。昨日の野田さんと安倍さんのやり取り(※注)だって、野田さんは党の役員全部が反対をしているのに解散をするっていうことは、仲間を売るっていうことでしょ? 自分だけ生き延びようっていうのじゃなくて、俺も辞めるよ、だからおまえらも辞めろよと、野田さんは腹を決めたんでしょうね。

 そういう意味では、昨日の討論は野田さんが勝ってたね。意外に喧嘩がうまいよ。これはラグビーと同じなの。安倍さんは、ここはもうゴールをせっかく取ったんだから、本来は待つしかないわけよ、外で。

――無理してボールを持って走ってもダメだ、と。

森:うん。そこで突っ込んだって、また抑えられる。それで時間がきちゃうんだよ。(討論の)残り時間があと1~2分っていうのはわかってるんだから。そのときいくらダッシュで突っ込んだって同じことでしょ。いちかばちか、ボールを回すか、蹴るか、なんとか突破口を開くっていうことをしなきゃいけないんだよ。

――森さんはラグビー喩えが多いですね。

森:そうですね。わかりやすいじゃない。人生もラグビーのボールみたいなもので、どう転ぶかわからないしね。入った会社が、3日後に倒れるという人生だってあるわけでしょ? 一生懸命『週刊ポスト』の編集をやってても、来年廃刊になるとかさ(笑)。

――まあ、絶対にないとは言えないですよね(笑)。

森:ないとは言えない。道はなんぼでもあるけどね。

【*注】11月14日の党首討論で、解散を迫る安倍総裁に対し、野田首相は「(定数削減について)決断いただくなら今週末の16日に解散してもいい」と断言。安倍総裁は「今、私と野田さんだけで決めていいはずはない」などと言い淀んだ。

※週刊ポスト2012年12月7日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング