巨人のチーム内競争 守備位置でベテラン枠と若手枠使い分け

NEWSポストセブン / 2020年6月29日 16時5分

セカンドは若手が競争するポジションに(吉川尚輝。時事通信フォト)

 3か月遅れで始まったプロ野球は3カードを消化し、セ・リーグは巨人が6勝2敗1分で首位に立っている。打撃陣は丸佳浩の調子が上がらないものの、4番の岡本和真が打率4割7分2厘、4本塁打、10打点と打ちまくり、チームを牽引している。

 例年、オフの大型補強が話題になる巨人だが、昨年はFA宣言した美馬学(楽天→ロッテ)、鈴木大地(ロッテ→楽天)の獲得を目指すも他球団にさらわれ、巨人の実質的な新戦力は、ドラフト入団組を除けば、サンチェスやパーラなどの新外国人くらいだ。

 投手陣は昨年のリーグ最多勝投手である山口俊が抜け、戦力的に秀でているとは言い難い。開幕戦の1塁スタメンは昨年、わずか43試合出場で、打率1割4分8厘と不振に終わった37歳の中島宏之が務めた。守りの要である捕手の小林誠司は怪我のため2試合で離脱。復活を期待される菅野智之も先発2試合で防御率4.97と結果を残せていない。それでも、3カード負け越しなしと順調に来ている。野球担当記者が話す。

「今年も原監督の用兵に目をみはるものがあります。開幕戦では『1番・セカンド』の吉川尚輝が逆転2ランを放ち、ヒーローになった。昨年、開幕から打ちまくったものの怪我に泣いた吉川ですが、今年こそはフル出場で定位置を確保すると考えたファンも多かったでしょう。しかし、2戦目に4打数0安打2三振に終わると、3戦目は20歳の湯浅大、広島との初戦は吉川と同い年である25歳の北村拓己を『1番・セカンド』で起用し、吉川をベンチスタートにしました」(以下同)

 オープン戦、練習試合で結果を残して開幕1軍を勝ち取った湯浅は開幕戦、1点ビハインドの7回裏無死1塁で、代打で登場。絶対にランナーを進めないといけないプレッシャーのかかる場面、しかもプロ初打席で見事に送りバントを決めた。この成功もあって、阪神との3戦目にスタメンで起用されたが、2打席2三振で3打席目に代打・北村を送られた。2カード目の広島との1、2戦では代打で登場したものの、結果を残せず、2軍落ちとなった。

「原監督はセカンドのポジションを固定せず、相手の先発が右なら吉川尚、左なら北村、増田大輝と若手をスタメンで使っています。長いシーズンを見据え、吉川のコンディションも考えている面もあると思いますが、同じ20代の選手を切磋琢磨させて戦力向上を狙っているのでしょう」

 巨人は6月25日、楽天からトレードでウィーラーを獲得したと発表。日本通算106発の助っ人を、原監督は1塁や左翼で起用すると明言している。現在、これらのポジションを守っているベテランの中島や陽岱鋼、亀井善行には大きな刺激となる。

「昔の巨人だったら、固定できないセカンドの守れる外国人の補強に走りそうですが、今は違う。セカンドは若手に競争させ、誰もがレギュラーになれる可能性のあるポジションになっています」

 昨年も原監督はシーズン序盤には若手を試し、経験を積ませながら育て、終盤の勝負所で使える選手にしていた。

「俊足なのにスタートを切れない重信慎之介を叱責したり、若林晃弘や増田を大事な試合で使ったりしながら成長させた。その結果、優勝を決めた9月21日のDeNA戦では1点ビハインドの9回2死ランナーなしから重信、若林が四球を選び、小林のヒットで重信が果敢にホームに突っ込み、同点とした。そして、10回には増田が決勝タイムリーを放った。まさに1年の総決算のような試合でした。今年も序盤は若手を自在に使い分け、終盤には戦える選手に育てているのではないでしょうか」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング