北朝鮮の女帝・金与正氏 夫は? 学歴は? 後継者なのか?

NEWSポストセブン / 2020年7月1日 16時5分

 先の北朝鮮消息筋は「判断力が優れていると聞く。実の兄妹とあって正恩の信頼は格別に厚く、分身のような存在だ」と評する。

 2018年2月には平昌冬季五輪開会式に出席するために訪韓し、文在寅大統領らと会談した。「微笑み外交」と国際社会の注目を浴び、韓国では一気に、好感度をアップさせた。

◆正恩ジュニアの摂政

 それが最近、文在寅政権を批判する談話を自らの名で相次いで発表した。脱北者を「クズ」呼ばわり。北朝鮮に対話を呼び掛けた文在寅について「むかつく」「鉄面皮」と言い放つ。ソフトイメージから驚くほどの豹変を遂げた。

 北朝鮮は共同事務所の爆破について、韓国の脱北者団体が5月に正恩を冒涜するビラを散布したことへの報復だと説く。しかし、ビラ散布は今に始まったことではなく、専門家の多くは「口実に過ぎない」と口を揃える。

 南北首脳は2018年9月の平壌会談で、中断している開城工業団地と金剛山観光事業の再開で合意した。両事業は北朝鮮にとって貴重な外貨獲得手段となるはずだったが、合意は具体化しておらず、文在寅政権に対する北朝鮮の不満は大きい。

「韓国に対する厳しい姿勢は、韓国が約束を守らないからだ」とは、北朝鮮消息筋の解説だ。北朝鮮が「口先番長」の文在寅に業を煮やしたというのだ。

 なぜ、強硬姿勢の先頭に与正が立つのか。彼女のイメージチェンジは、対韓国政策の劇的な転換を内外に強く印象づけるからだ。韓国にとっての衝撃は、いっそう大きい。南北関係の改善を最大の政治目標に据える文政権に対して、揺さぶり効果は絶大だ。

「何よりも重要なのは、与正が事実上のナンバー2としての地位を固めるための実績づくりだろう」

 韓国政府当局者はこのように読み解く。

 ベトナム・ハノイで昨年2月に行なわれた正恩とトランプ米大統領による2度目の首脳会談は事実上、決裂した。間もなく、与正は党重要ポストの政治局員候補から外れた。会談失敗の責任の一部を負う辞任だったようだが、今年4月には復活している。

 米朝交渉失敗には軍部など強硬派の批判が強いとされる。汚名を返上して国内強硬派の支持を確実にするには、挑発的な対韓国政策を指揮するのが最善の策と判断した面があるに違いない。

 正恩の健康不安説と相まって、与正の急浮上については、「後継者」説も一部に指摘される。しかし、韓国政府当局者は「垂簾聴政を念頭に置いている」と推し量る。

 垂簾聴政とは、皇帝が幼い時など直接政治が行なえない場合に、権力を握る女性が摂政政治を行なうことをいう。朝鮮王朝の歴史ではたびたび見られた現象だ。

 正恩には男児がいるが、10歳前後とまだ幼い。正恩が近い将来に死亡したり、執務不能になったりした場合、与正が代行役として政を行なう。これこそ、正恩が描く危機管理のシナリオだという。

【PROFILE】
●城内康伸(しろうち・やすのぶ)/1962年、京都市生まれ。東京新聞(中日新聞)編集委員。ソウル支局長、北京特派員などを歴任し、海外勤務は計14年に及ぶ。著書『昭和二十五年 最後の戦死者』(第20回小学館ノンフィクション大賞優秀賞)など。最新刊は『金正恩の機密ファイル』(小学館新書)。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング