1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際

中国最高指導部を見て「未来は明るい」と叫ぶジョークが流行中

NEWSポストセブン / 2012年12月2日 16時0分

 習近平体制がスタートした中国。政治への関心はかつてないほど高まっている。現地で取材していたジャーナリスト・富坂聰氏に届いたメールとは。

 * * *
 18大(中国共産党第18回全国代表大会)を終えた中国では、国際情勢や政治を風刺したショートメールが飛び交っている。

 筆者が北京を訪れていた期間、携帯電話に届いた2つの政治ジョークを以下に紹介しよう。まず世界各国で権力交代が続いた2012年を総括したこんなジョークだ。

アメリカ人:我が国は午前中に投票すれば午後には大統領が明らかになる。すごいだろ!

中国人:何を言ってるんだ。われわれの国では5年も前から次の指導者が誰になるか分かっていたよ。

北朝鮮人:それならば我が国では生まれたときから分かっていたよ。

日本人:うちの国ではしょっちゅう選挙をしているが、いまの首相が誰なのか、誰も知らない!

 日本人としては複雑な気持ちだが、核心をついていてなかなか面白い。

 続いては、18大後に新たに選出された中国のトップ人事(7人の政治局常務委員)を皮肉ったこんなジョークだ。習近平、李克強、張徳江、兪正声、劉雲山、王岐山、張高麗のそれぞれ同じ発音の当て字を皮肉った内容だ。

 新たに発表された中国最高指導部のメンバーの名を聞いたある人物は、手を叩いて喜び、

「これで中国の未来は明るいぞ!」

 と叫んだ。

「だって、洗尽貧(貧困を一掃)、立刻強(即刻強くなり)、漲得奨(名誉が高まり)、遇正昇(上昇気流に出会い)、留運山(運にも恵まれ)、旺気山(大きく繁栄し)、漲高哩(株や債券が上がる)というメンバーだろ?」

 もちろん現実の中国が大きな貧困を抱え、弱く、国際社会で不名誉な地位にあり、株価が一向に上がらないことを皮肉っているのである。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング