1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

発明好き男「寝っ転がった時に画面も横になるTV作りたい」

NEWSポストセブン / 2012年12月4日 16時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(40歳)が建設会社勤務の奥様(39歳)。ご主人は眼鏡をかけてます。

 * * *
 主人って、家ではソファに横になって本を読んだり、テレビを見たりするんです。ただ、座面側の眼鏡のフレームがこめかみに当たって「邪魔だし、痛い」といっていたんですが、「フレームを簡単に取り外せるようにしたよ」と、眼鏡本体とフレームを磁気でくっつくようにし、座面側のフレームを外してテレビ観賞です。

 でも、外した片方のフレームをソファ前のテーブルの上に置けばいいのに、寝ころがったまま、頭の上に置いたりして、「フレームがない!」と大騒ぎ。よく見ると、眼鏡の右側にフレームが2本。外した左側のフレームが磁気で右側にくっついていたんです。

「眼鏡はこれでいいとして、問題はテレビ画面だ。寝ころがった時は画面も横になってほしい。そうすれば見やすいんだけど、これは難題だな。でも難しいほど、発明家の血が騒ぐよ」

 そんなのは難題でも何でもないの。きちんと座って見なさい!

※週刊ポスト2012年12月14日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング