【アメリカ発】コロナ禍で「脱中国」はどこまで進むか

NEWSポストセブン / 2020年8月5日 7時5分

 中国では知識人でも古い言い伝えを大事にする人が多い。中国の暦では、2020年は「庚子(かのえね)」に当たる。この年には中国は大きな厄災に見舞われるジンクスがある。1840年にはアヘン戦争が勃発し、1900年は北清事変の年である。その次の1960年は、毛沢東の「大躍進政策」の失敗で数千万人が餓死するという悲劇のさなかだった。

 コロナ禍に見舞われた2020年も、星の巡りは中国に有利ではないようだ。コロナにとどまらない中国のリスクに世界が気づき始めたことで、すでに注目は、中国が現在の高い地位から転落するかどうかではなく、どこまで落ち込むかに移っている。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)
American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング