89才料理研究家 ルーを使わない和風ライスカレーのレシピ紹介

NEWSポストセブン / 2012年12月6日 16時0分

『きょうの料理』『あさイチ』(ともにNHK)などで人気の料理研究家、“ばぁば”こと鈴木登紀子さん(89才)が、お母さん直伝だという和風ライスカレーのレシピを紹介する。

 * * *
 今のお子さんたちは、家のことをほとんどしません。いえ、親がほとんどさせてこなかったというべきかもしれません。生活技術、とくにお料理は結局、経験の積み重ねです。大人になっていきなり「料理をしなさい」と言われても、できなくて当然ではありませんか。

 お料理は親子のよいふれあいにもなります。今夜はお子さんと、ばぁばのライスカレーを作ってみませんか。食器をテーブルにセッティングする、材料を揃える、調味料を混ぜる、あるいはサラダのレタスをちぎってもらうなど、子供がお手伝いできることはたくさんあります。包丁が扱える年齢なら、一緒に野菜を切ってもよろしいわね。

 さて、「ばぁば風さらさら和風ライスカレー」は、母・お千代さん直伝、鈴木家の大人気レシピです。カレールーを使わずに仕上げます。

 材料(4人分)は、じゃがいも3個、にんじん1本、玉ねぎ1個、豚肩ロース肉2枚、水5カップ、カレー粉大さじ3、小麦粉大さじ5、酢大さじ1。

 このほかに、【A】酒・塩・しょうゆ大さじ1、砂糖・ウスターソース・トマトケチャップ各大さじ1を合わせておきます。

 まず、じゃがいも・にんじんは縦に輪切りにしてから皮をむき1cm角に切り、水に放してざるに上げます。玉ねぎは1cm角に切り、ひと口大に切った豚肉はカレー粉大さじ1をまぶしておきます。

 鍋にじゃがいも・にんじん・玉ねぎと水、残りのカレー粉小さじ2を入れて強火にかけ、煮立ったら豚肉を加え弱火にします。アクを取りながら20分ほど煮てください。

【A】を加え、水大さじ5で溶いた残りのカレー粉と小麦粉を、ダマにならないよう少しずつ鍋に加えて混ぜます。

 とろみが出てきたら最後にお酢を加えて1~2分煮れば出来上がり。炊きたてのご飯に添えて、どうぞ。

※女性セブン2012年12月20日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング