ママ友LINEいじめの絶望 専門家は「特効薬はない」

NEWSポストセブン / 2020年9月9日 16時5分

LINEグループのせいでいじめが加速

 人間関係が難しいとされるのはママ友グループ。そこには“いじめ”も多く、LINEグループの存在で、そのいじめが加速してしまうことも多いという。ある実例を紹介する。

 A子さんは、高齢出産ゆえのママ友との年齢差をいじられ続けてきた。場所は幼稚園でのママ友とのLINEグループだ。

「世代ギャップが生まれそうな話題を既読してしまうと『ねえ、センパーイ、何か言ってよ』と揶揄されます。最初は『○○ちゃんママ』と呼ばれていたのに、いまでは『バーバ』と呼んでくる。

 それも冗談っぽくみんなで言うので、私も『やめてよー』と調子を合わせることしかできなくて…。しかもLINEではいじってきても、対面で言うことはない。顔を見て言えない心ない言葉でもLINEでは言えるんですよ」(A子さん)

 いちばん触れられたくない年齢についても、LINEグループで晒されたという。

「どこから聞いたのか、『50才なんですって?』と、わざわざLINEグループで暴露してきたのです。それ以来、『運動会のときのピンクのTシャツ、超若作りじゃなかった?』とか『こないだのランチ会に着てきたブラウス、スケスケでおばあちゃんびっくり!w』と、何かと私の年齢をいじってくるようになりました」(A子さん)

 ため息が止まらないA子さんは、このLINEグループからの卒業の日をいまかいまかと夢見ている。

「子供がもう少し大きくなったら、つきあうのもやめられるしLINEグループからも抜けられます。いまは、子供が選んだお友達との時間を壊したくないので、あと少しだけ、我慢します」(A子さん)

 書かれる側は、我慢を続けるしかないのだろうか。

 LINEグループでは、ママ友同士のライバル意識が強いがあまり、マウンティングが行われることもある。その現場を目撃したというのは40代のB子さんだ。子供を都内の有名私立中学に通わせているママ友数人で、LINEグループを作っている。

「あるとき、グループの1人が結婚記念日にホテルのレストランで食事をしていたところ、別のママ友のご主人と若い女性が親密にしているのを見かけたと、こっそり撮った写真をLINEグループにあげてきたのです」(B子さん)

 B子さんは突然のことに驚いたが、ママ友同士は交流があっても、夫のことまではよく知らない。反応に躊躇していると、密会をしていたとされる夫の妻が一言、「夫だわ」と書き込んできた。

「でも、ご主人の浮気を知るのと、家庭内の不和がママ友たちにバレるのが同時というのは、けっこうしんどいと思うんですよ。なのであるとき、写真をあげたママ友に『みんなにバラさなくてもよかったんじゃない?』と言ってみたんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング