ふるさと納税の達人が選ぶ「お得な返礼品」最新ベスト12

NEWSポストセブン / 2020年9月14日 16時5分

コロナ禍で打撃を受けた自治体を、ふるさと納税で支援する動きも

 2008年に始まった「ふるさと納税」は、好きな自治体に寄付を行い、その寄付金から2000円を引いた金額が所得税・個人住民税から控除されるという制度だ。お得な上に各地の名産品が入手できることから、発足以来順調に利用者が増え、2018年には5000億円を突破。

 だが、2019年は総務省指導の下、制度が変更に。「返礼割合3割超」と「地場産品以外」の返礼品を提供する地域・団体は同制度に基づく税優遇が受けられなくなった。それによって一部の違反自治体が“退場処分”になるなど、金額も約4875億円と初めて前年を下回った。

「今年は豪雨被害や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観光客の減少や飲食店・旅館・ホテルの休業による食材の注文や納入キャンセルが相次ぎ、行き場を失った食材が全国的に多かったことから、実は、例年以上に高還元率の返礼品が増えているのです」

 そう語るのは、ふるさと納税の達人として知られる実業家の金森重樹さんだ。毎年多額の寄付を行うという金森さんのおすすめを聞いた。

「コロナ禍で需要が減った生産者を応援する『緊急支援品』や、豪雨被災地の特産品、どちらでもないが、秋に旬を迎えるお得なものを取り混ぜて選びました。特にいまは、内容はそのままに金額を引き下げたり、同じ金額で増量したりする返礼品が増えています。それが今年の大きな特徴です」(金森さん)

 実際、例年以上にお得度がアップしている高級食材が多い。

「実は総務省の3割ルールの基準が仕入値か市場価格かは長い間グレーゾーンでしたが、最近は仕入値3割でも市場価格だと100%に近い高還元率の返礼品が登場しても、特に淘汰されていない状況から“返礼調達は仕入値3割”との暗黙の了解が広がってきたのです」

 と分析するのは、ふるさと納税の比較サイトの1つである『ふるさと納税ナビ』の内田綾子さんだ。

「まつたけも受付はもう始まっており、秋の収穫物は旬の少し前に予約するとお得な場合も。早めのタイミングで注文するのがおすすめです」(内田さん)

 コロナ禍の影響は続くとはいえ、足の早い旬の果物などは早めに申し込んでおこう。 そこで、ふるさと納税の達人が選ぶ、今年おすすめの「お得な返礼品」を12個紹介しよう。

■北海道白糠町「いくら醤油漬け500g」【寄付金額:1万円】

 緊急支援品。「いくら丼なら約6杯分、軍艦巻きで約61貫分とボリュームたっぷり」(金森さん・以下同)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング