「次はグラミー賞」の声 BTS快挙に沸く韓国、大統領も祝福

NEWSポストセブン / 2020年9月15日 16時5分

全米1位に輝いたBTS(写真/GettyImages)

 韓国の人気アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の勢いが止まらない。8月31日、新曲『Dynamite』が米ビルボードのシングルチャート「Hot100」で初登場1位を獲得し、2週連続で首位をキープしている。アジア歌手が米ビルボードで1位を獲得したのは、1963年の坂本九さんの『上を向いて歩こう』以来半世紀ぶりのこと。韓国では国を挙げての大騒ぎになっているという。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんがリポートする。

 * * *
 BTSの公式YouTubeチャンネルでは、新曲『Dynamite』のミュージックビデオが公開されると瞬く間にアクセスが集中し、24時間で過去最多の1億110万再生を突破。ダウンロード数も初週が26万5000件、2週目にはさらに18万2000件と驚異的なダウンロード数を打ち立てた。世界中の音楽チャートのなかでも最も権威あるチャートとして知られる米ビルボード。そのチャートでBTSの新曲『Dynamite』が初登場1位を獲得したとあって、ファンはもちろん、韓国メディアやSNSなどでは大きな盛り上がりを見せている。

 1位獲得の発表後すぐ、深夜に速報が流れると、ニュースサイトのコメント欄やSNSには喜びの書き込みで溢れた。韓国公営放送局KBSも、これまでBTSが樹立した数々の新記録を紹介しながら「防弾少年団は新記録少年団」、「21世紀のビートルズ」と称え、ケーブルテレビも1位を記念して、過去にBTSが出演したバラエティー番組を延々と流すチャンネルを新設するほど。さらには文在寅大統領まで自ら公式Twitterで祝賀メッセージを投稿するなど、韓国はまさにBTS一色のお祭り騒ぎだ。

 文在寅大統領はTwitterで、「BTSが韓国歌手として初めて米ビルボード『Hot100』で1位になり、K-POPの新しい歴史を描きました」、「『Dynamite』はコロナで苦しむ世界中の人のために癒しと希望のメッセージを込めて作った曲ということで、(1位獲得は)さらに意味があること」と祝った。BTSも公式Twitterで、「大変な時期ですが、我々の歌が少しでも癒しと肯定のエネルギーになると嬉しいです。我が国を始め全世界の都市がまた明るい光で活気を取り戻すことを信じ、我々が最も上手く表現できる音楽に邁進してまいります」と答えている。

 韓国公営放送KBSは9月10日、報道番組「KBSニュース9」のスタジオにBTSを招待しインタビューを行った。同時にKBSのYouTubeチャンネルでも、BTSメンバーが駐車場に到着してスタジオに入るところから、インタビューを終えて帰るところまで生中継し、インタビュー映像も公開した。Youtubeは約24万人が視聴し、「KBSニュース9」の視聴率は、平均15.6%だったのがBTSのインタビューが放映された時間は18.8%に上昇、同時間帯視聴率1位を記録した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング