世界デビューの鉄拳 ネタの依頼はなく月4000枚パラパラ漫画描く

NEWSポストセブン / 2012年12月15日 7時0分

写真

新刊『振り子』を上梓した鉄拳

 スケッチブックに描いた絵をめくって「こんな○○はいやだ」のネタで人気を博したお笑い芸人の鉄拳(40)。その後は、一発屋グループの中にどっぷりとはまっていた彼だが、いま世界で大ブレイクしていることをご存じか。

 テレビ番組の企画で描いたパラパラ漫画『振り子』を動画投稿サイトにアップしたところ、全世界で300万回以上再生される人気ぶりだという。 

 しかもBGMに使われた英国の有名ロックバンド・MUSEのメンバーが、噂を聞きつけ実際に動画を見て感激し、パラパラ漫画がプロモーションビデオに採用されたという。トントン拍子で「世界デビュー」を果たしたのだった。

 日本でも、動画では確認しきれない絵のタッチ、風合いを再現した『振り子』(小学館刊)を発売、動画を収録したDVD『パラパラ漫画作品集 第一集』(よしもとアール・アンド・シー、12月19日発売)と、活躍の幅を広げている。

「僕は『積木くずし』や商店街など、昭和時代が大好きなんです。それのイメージで描いていたら、勝手に“昭和”が世界にウケちゃいました(笑い)」

 1秒間で6枚を動かし、4分間で1500枚からなる作品は、人生の悲哀と大切な人への想いを描き、いっさいお笑いなし。製作には、アシスタントも使わず、下書きもせずに全部1人で、自宅のこたつの上で描いたという。

「最近はネタの依頼はなく、パラパラばかり! 1か月で4000枚描きました」

 と苦笑するが、物語に触れると誰もが目を見開き、共感し、最後は涙してしまうのが、鉄拳の作風なのだ。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2012年12月21・28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング