J.Y.Park、金言つまった自伝が韓国でヒット お笑いの素質も

NEWSポストセブン / 2020年10月6日 16時5分

韓国でベストセラーになっているJ.Y.Park氏の自伝『何のために生きますか?』(撮影/趙章恩)

 ソニーミュージックとJYPエンターテインメントとの共同オーディション番組『Nizi Project』での数々の名言が話題を呼び、結成した日本人ガールズグループ「NiziU」を成功へと導いたことで、大きな注目を浴びた韓国人プロデューサーのJ.Y. Park(パク・ジニョン)氏。8月12日、同氏の自伝『何のために生きますか?』(原題)が韓国で発売されると瞬く間にベストセラーとなり、韓国で再び脚光を浴びているという。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
 韓国では今、J.Y.Park 氏の自伝『何のために生きますか?』が話題だ。発売されてから2か月近くが経つが、発売後すぐにエッセイ部門でベストセラー1位となり、その後も上位にランクインし続けている。著書では主に、同氏のこれまでの苦労の人生や現在の生き方、未来に対する考え方や哲学などが余すところなく語られている。前半は、23才でデビューするまでの道のりや、5年かけて準備した米国進出が2008年に起きた「リーマン・ショック」でとん挫し、挫折を味わったことなどが語られ、後半は、同氏が大きな影響を受けたという聖書によって自分がどう変わったかなどの宗教観が綴られている。

 これまで、ダンスやセクシーなパフォーマンスが得意なプロデューサー兼歌手というイメージが強かったため、「聖書の中に答えがある」と話す同氏の考え方を意外に感じた人は多かっただろう。この意外な一面を感じさせるところが、今回ベストセラーにつながった理由の一つかもしれない。もちろん、「人に見られる姿が自分の本当の姿であるべき」、「人に知られて問題になるようなことはしないのが人生の基準」、「健康に良いことを探すよりよくないことを避ける」、「ビジネスは経済共同体ではなく価値共同体」といった、同氏ならではの名言も豊富に掲載されている。

 J.Y.Park氏の有名な名言の一つに、「音楽はハートで考え頭で完成する」という言葉がある。同氏が韓国のオーディション番組の審査員だった頃、シンガーソングライターを目指す参加者らに何度も言っていた言葉だ。これは、感情に頼って曲を作ると似たり寄ったりの曲しか作れないし、頭だけを使っても大ヒットにはつながらない、という同氏の持論。音楽に情熱を傾けるのはもちろんだが、トレンドを把握して差別化できるポイントを作り出し、ディテールにこだわるなど頭で計算する必要もあることをかなり前から強調しており、こうした彼ならではの哲学が現在の成功につながったと言える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング