『水どう』藤やん「大泉洋との関係」「番組への共感」を語る

NEWSポストセブン / 2012年12月19日 7時0分

写真

「人は濃密な人間関係を欲している」と水どうDの藤村忠寿氏

 北海道発のローカルバラエティー番組、しかもレギュラー放送終了から10年も経つのに、いまなお番組関連グッズやDVDが売れに売れ、全国区の支持を得ている『水曜どうでしょう』。

 人気の秘密は、国内外問わず旅の途中で行われる様々な企画の面白さもさることながら、番組ディレクター陣が出演者の鈴井貴之・大泉洋というタレントを相手に、ときには腹を割って繰り広げる男同士の「友情」や「人間模様」が垣間見られることにある。

 職場でもプライベートでも対人関係が希薄になりつつあるいま――。『水どう』の生みの親である“藤やん”こと藤村忠寿氏(現・北海道テレビ放送エグゼクティブディレクター)が、人付き合いの極意を伝授する。

 * * *
 仕事で人に会うとき、たとえば相手方が4人いて、そのうちの2人とは顔見知りなんだけど、あとの2人は初対面ということがあります。その場合、顔見知りの人が「あ、ご紹介します。うちの新人で……」と言ってくれればいいんだけど、最近は、かしこまった紹介をすることなく、流れでなんとなーく話に突入してしまって、初めて会う2人はニコニコとその話を聞いてて、飲み会まで終わってしまった最後の最後に「ご挨拶がすっかり遅れてしまってすいません。○○と申します」なんつって、ようやく名刺交換するみたいな場面に出くわしたりします。

 あと、大学生なんかの若い世代の人たちが、初めて顔を合わすのにもかかわらず、いきなり「へぇー、そっちはそうなんだぁ」みたいに親しく会話を始めたりする場面もよく目にします。我々が若い頃には絶対に出来なかった実にフレンドリーな芸当です。

 これって、最近のコミュニケーションの取り方というか、人間関係の作り方だと思うんです。「あなたは誰ですか?」と、相手の素性を聞くことなく、ぼんやりとした形でコミュニケーションを取り始める。言うなれば「ふわーっとしたコミュニティー形成」というか、なるべく相手に踏み込まない。これはやはり「相手の個人情報にいきなり踏み入るのはよくない」という最近の社会の風潮から来るものだと思うんですよ。

 こういう「ふわーっとしたコミュニティー形成」は、ネットの世界では特に顕著で、これによって「知り合いの数」は昔よりも圧倒的に多いんだけど、「ふわーっとしてる」から、人間関係があまり濃密にはならない。だから、いざ人間関係が濃密になったときに、対処の仕方がわからず、些細なことで悩んでしまう人が多いような気がします。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング