ほしのあきは氷山の一角 ネットでステマ芸能人リスト増殖中

NEWSポストセブン / 2012年12月17日 7時0分

『メルマガNEWSポストセブン』では、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。12月14日配信の『メルマガNEWSポストセブンVol.44』でも、

「Instagramの写真がツイッターで見られなくなる」
「大阪の高校生が『閉じ込められた。助けて』と12月7日の東北地震でデマツイートし炎上」

など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。なかでも今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが「ほしのあき ステマをしていたことを認める。芸能人続々ブログ削除」

というネタだ。

 * * *

 やらかしましたなぁ、ほしのあき。30万円もらって「ペニーオークション」をステマしたことがバレてしまいました。プラズマクラスターをわずか1080円で落札した、とブログに書いていたのですが、これは「友人」から30万円もらってやっていたことが明らかになったのです。

「ステマ」とは「ステルスマーケティング」の略で、「実際は広告なのに記事を装う」行為のことをいうわけですね。今年の正月直後に食べログでサクラの方々がステマ業種の依頼により、発覚した大量ステマを経て、一気にメジャーになりました。

 で、ペニーオークションが一体何かというと、通常のオークションでは、価格をどんどん吊り上げていき、これ以上払えないよぉ!という段階で一人が落札できるわけです。しかし、ペニーオークションは、ゲーム性が強いものです。1回の入札で1円などの低価格で価格が上がり、最終的に激安価格で落札できるわけです。しかしながら、入札するには手数料が必要で、60円とか70円を入札者はその都度支払うわけです。

 運営側は「まぁ、これで手数料が30万円手に入ったからここでやめっか」といきなり激安価格でオークションを終了させるわけです。こうして、手数料を払った死屍累々の方々の犠牲のもと、一人だけ商品をGETできるわけです。

 過去に永井大さんが855円でiPadを落札して大喜びしている様をブログで報告したりしましたね。で、ペニオクステマ芸能人はその後、次々と晒されているわけですが、ほしのあきが発覚した12月13日時点で2ちゃんねるにはすでに、ステマをやっていた人々のリストと、ブログを削除したか否かがまとめられています。なかなかの調査能力です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング