宮沢りえは娘と買い物、杏は別荘に 芸能人のリラックス姿

NEWSポストセブン / 2020年10月31日 7時5分

別荘地を訪れていた杏

 テレビやスクリーンなどで忙しく活躍する芸能人たち。常に緊張感あふれる現場を重ねているだけに、コロナ禍でもプライベートでは自分磨きをしたり、家族と過ごしたりしてリラックスタイムを過ごしているようだ。彼らのそんな癒しの時間をキャッチした!

 東出昌大(32才)と離婚した杏(34才)は8月上旬、日本有数の別荘地にいた。杏は子供たちと犬を散歩させるなどして、とてもリラックスした表情を浮かべていた。杏はこの日、父・渡辺謙(61才)が持つ別荘の1つに、知人と訪れていた。夜には楽しそうな声が家の外まで聞こえてきたという。

「離婚が成立したことを祝うパーティーなのでしょう。先日お見かけしたときは、つきものが落ちたように満面の笑みを浮かべていらっしゃいましたよ」(近隣住民)

 8月20日、子育てをしながら芸能活動に取り組んでいる前田敦子(29才)を発見した。タレント歴15年目で最も短いショートヘアが、目を引く。

 前田といえば、6月末に夫の勝地涼(34才)との別居報道があったが、この日は勝地の誕生日だった。夫と過ごすことはなく、テレビ番組出演のための準備に追われていたようだ。

「この日も昼過ぎからお子さんを連れてお仕事に出ていたようです。夜は、お母さんに息子さんを預けて、生放送出演に向けてエステでコンディションを整えて、帰宅したのは午後10時ごろだったと思います」(前田の知人)

 エステタイムもリラックスというよりは自分を磨く仕事の一環なのかも。

 家族と過ごすことは大切な休息の時間となる。芸能関係者によると、コロナ禍で外食などの機会が減り、家族と過ごす時間が増えた芸能人が多いという。

 6月下旬、宮沢りえ(47才)の姿は、アクセサリーや洋服店が入る高級ホテルのショッピングフロアにあった。七分袖の黒のカットソーにダメージジーンズ、黒のスニーカーというカジュアルな服装のりえの隣には、笑顔を浮かべる長女が寄り添っていた。

 2人はこの日、洋服などの買い物に訪れていたようだった。

 夫婦でのお出かけがキャッチされたのは、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(43才)と、妻の蒼井優(35才)。

「紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA」で行われた毎年恒例のトークライブ「山里亮太の140」を蒼井が見に来ていたのだ。

 この日は8月17日で、蒼井の35才の誕生日。ライブが終わると、色違いのおそろいリュックを持ったふたりは、蒼井の運転する車で帰途についた。

 オーガニックカフェでアイスクリームを味わっていたのは、市川海老蔵(42才)と、長女の麗禾ちゃん(れいか・9才)、長男勸玄くん(7才)一家だ。暑さが厳しくなりかけていた6月中旬のこの日、3人とも半袖にショートパンツというラフな装い。アイスを味わって店を出ると、マスクをしながらも家族で楽しそうに話しながら歩いていた。

 同じく子供連れだったのは、お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹(52才)とフリーアナウンサー・中村仁美(41才)だ。

 5月のある日、東京都内の繁華街をベビーカーを押しながら先頭を歩く中村は、遠くまで通る声で話し続けている。その後ろにいるのは、子供ふたりの手を引く大竹。少し肩を落として妻についていった。
 
 大竹は「結婚して初めてこんなに家にいる。俺史上初」とラジオで語っており、家族で過ごす時間が増えていたようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング