大河で唯一の「見るからにヒール」、顔芸が際立つ片岡鶴太郎

NEWSポストセブン / 2020年11月5日 16時5分

顔芸が際立つ片岡鶴太郎

 長谷川博己(43才)が主人公の明智光秀を演じているNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。豪華なキャストが出演陣に顔を揃えているが、中でも存在感を発揮しているのが片岡鶴太郎(65才)だ。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 

 * * *
『麒麟がくる』で片岡鶴太郎が頑張っている。
 
 鶴太郎は、摂津晴門役。それ誰?という感じだが、この人物は織田信長(染谷将太)の後押しで将軍となった足利義昭(滝藤賢一)の側近で、前の将軍時代から実務を取り仕切る「政所執事」なのである。いわば室町幕府の事務方のトップ。保守的な摂津は、大胆な信長と気が合うはずもなく、出てきたときからムスーッとして感じが悪い。嫌な予感が…。案の定、主人公の明智光秀(長谷川博己)は、幕府の中で不正が横行していることをつかむ。

 摂津は実にしたたか。信長を警戒し、このままだと信長を恨むものたちが将軍にも矢を向けるかもなどとささやいて、平和主義の義昭をビビらせる。義昭はたちまち涙目だ。一方で、土地の横領について訴状を突き付けて問いただす光秀には、「これが何か?」「それでぇ~?」と語尾を上げてからかうようにすっとぼける。バチバチにらみあう二人。そして、誰が横領したかきちんと詮議するべしという光秀に、五年かけ十年かけ、長ーい詮議になるとにんまり。笑っているのに口角が下がるという高度な顔芸で反撃する。

 しばしば画面いっぱいに映し出される晴門の悪だくみ顔。大河ドラマでは画面の大部分を占めるほどの顔のアップはあまりないが、目をむき、眉毛とヒゲをひくひくさせる晴門の顔芸アップは特別なのかも? 思えば、モノマネ芸人時代の鶴太郎はバンダナを頭に巻いて近藤真彦の『ギンギラギンにさりげなく』を歌って暴れていたが、顔はまったくマッチに似てなかった。それが30年以上の時を経て、鶴太郎の顔に注目することになろうとは。

『麒麟がくる』」は長く謀反人といわれた明智光秀が正義感にあふれるまっすぐな男として描かれ、主家を乗っ取るなど悪行男とされる松永久秀(吉田鋼太郎)も世渡り上手のおもしろおじさんみたいで、これまで悪役らしい悪役がいないドラマだった。

 そこへ出てきたのが「見るからにヒール」な晴門なのである。ちなみに鶴太郎は、「麒麟」と同じ池端俊作脚本の1991年の大河ドラマ『太平記』で、鎌倉幕府のダメ執権・北条高時役だった。この高時も鎌倉幕府の腐敗の象徴で、そのダメっぷり演技で鶴太郎は俳優として評価を高めたのであった。

 これまでの晴門で最高だったのは、光秀の昔からの知り合いである三淵藤英(谷原章介)が、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の幼い嫡男の毒殺を仕組んだと晴門が言い出した場面。動揺する光秀にダメ押しのごとく「み・つ・ぶ・ち様ぞ~」と言い放つ。一語ずつ区切っていうセリフといえば、今年話題になった『半沢直樹』の大和田(香川照之)の「お・し・ま・いDEATH」を思い出す。大和田のダジャレ精神とは違うが、晴門もかなりのインパクト。ビビらせた将軍義昭も七年前の「半沢」第一作で涙目になっていた滝藤賢一だし、顔芸アップといい、バチバチにらみ合いといい、やっぱり悪役が出ると面白い。晴門が次に何をやってくれるか、どんな技を繰り出すのか。気になる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング