オードリー、レディー・ガガ、林真理子のファッション名言集

NEWSポストセブン / 2012年12月21日 16時0分

 ファッションは、自分を映す鏡ともいわれている。いつの時代も、いくつになっても個性豊かにいきいきと輝く女性たちは皆、独自のファッション哲学をもっていた。彼女たちの名言を紹介します!

 シンガーソングライターのレディー・ガガ(26才)の名言はこちら。

「私にとってファッションは音楽と同じくらい大事なものよ」(『レディー・ガガ ルッキング・フォー・フェイム』ポール・レスター著、堂田和美訳<シンコーミュージック・エンタテイメント>より)

 生肉ドレスや火花ブラなど、奇抜なファッションで世間を騒がせるガガ様。彼女にとってのファッションは、注目を集めるための策略ではなく、レディー・ガガという存在の核を成すもののようだ。

 女優・オードリー・ヘップバーン(享年63)はこんな言葉を残した。

「身なりは人をつくるというけど、たしかにわたしの場合、着るものが自信をつけてくれた」(『オードリー・スタイル―エレガントにシックにシンプルに』パメラ・クラーク・キオ著、笹野洋子訳<講談社>より)

 今でも色褪せない銀幕のスターは、衣装の力によって、どんな役でも演じる自信を得ていた。なかでも彼女は生涯において、ユベール・ド・ジバンシィがデザインする洋服に絶大な信頼を寄せていた。

 作家・林真理子さん(58才)は、著書の中で次のようなことを言っている。

「中年の女性であったら、はげた夏サンダルはもはや致命的だ。小説でも、貧しい疲れきった中年女を描くには、みすぼらしい靴を書いていく」(『中年心得帳』<講談社>より)

 おばさん化していく複雑な女心を、まっすぐな言葉で痛快に綴ったエッセイ。気が緩みがちな足元、ギクリとする人も多いのでは?

※女性セブン2012年12月27日・1月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング