デッドスペースの有効活用 一般家庭の屋根で賃貸収入?

NEWSポストセブン / 2012年12月21日 16時0分

 2012年12月12日、ソフトバンクグループのソフトバンクモバイルとSBエナジーは共同で、太陽光発電パネルに関する新事業「おうち発電プロジェクト」を発表した。概要は、住宅の屋根をソフトバンクモバイルが一般家庭から借り受け、「発電スポット」として太陽光発電システムを設置。その後はSBエナジーがまとめて管理し、発電した電力を全て電力会社に売電することで、太陽光発電の普及・拡大を図るというものだ。

 住宅所有者は、自己負担額0円で自宅の屋根に太陽光発電システムが設置され、売電額の15%を「発電スポット利用料」として受け取ることができる。1棟当たりの売電金額は月に1万4000円前後、住宅所有者が受け取る発電スポット利用料は2000円前後となる見込みだ。なお設置した太陽光発電システムは、20年の契約期間満了後に無償譲渡される。

 今回の募集期間は2012年12月21日~2013年3月31日までで、募集棟数は1000棟。対象地域は青森・秋田・宮城・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・岐阜・静岡・愛知・三重・大阪・兵庫・奈良・和歌山・岡山・広島・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・宮崎の31都道府県(島しょ部・離島を除く)。エントリー窓口はソフトバンクショップ(一部店舗に限る)、発電スポットサポートセンター、ソフトバンクモバイルホームページからの3つだ。

 またソフトバンクグループならではのサービスとして、「おうち発電プロジェクト」に合わせて「モバイルセット割」も新たに提供。住宅所有者は3年間に渡って、ソフトバンク携帯電話の「ホワイトプラン」基本使用料、「ホワイトBB」の月額使用料、「Yahoo! BB」の月額利用料金の割引が受けられる。

 これまで一般家庭での太陽光発電というと自宅の電気を賄った上で、余った分を電力会社に売るという仕組みの「太陽光発電の余剰電力買取制度」が主軸。その上で経済産業省が太陽光発電のさらなる利用促進を目的として、新たに2012年7月「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を実施し、事業者に10kW未満の太陽光発電を除き、原則として発電量の全量買取を認める特例を設けた。

 そうした措置により「屋根貸し発電」が成立する背景ができ、太陽光発電の事業化における“まとまったパネル設置場所が少ない”という都市部の課題解決にもつながるビジネスモデルが、今回の「おうち発電プロジェクト」だ。

 自宅で太陽光発電を検討していなかった人や、導入したくてもシステム費用や管理面などで二の足を踏んでいた人も少なくない中で、屋根を貸すだけで自然エネルギー発電に貢献でき、ある意味多くの家庭でデッドスペースのひとつだった屋根の上が、若干でもお金を生むとなれば、太陽光発電に興味を持つ人も増え、その普及にも期待がかかる。

 発電した電力は基本的に全量を売電するため、自宅の電力は賄えないが、停電時は住宅所有者が非常用電源として利用することも可能(発電時のみ。電力会社に利用停止を求められた場合を除く)。使用に一定の制限があるとはいえ、無料で非常用電源が確保できると考えると、賃貸収入の金額以上に設置の価値は高いといえるだろう。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング