中華料理店へのお出かけもキャッチ! 山下達郎&竹内まりや夫妻、38年目の異変「卒婚ってどう?」

NEWSポストセブン / 2020年11月26日 19時5分

夫婦生活38年目の変化(時事通信フォト)

 発表から何年たっても色あせない音楽を生み出し続けている山下達郎(67才)、竹内まりや(65才)夫妻。彼らの夫婦生活は今年で38年。いつまでも変わらない関係に見えるふたりの間にも少しずつ変化があって──。

《大親友なんです》。ほとんどメディアに出ず、私生活は謎のベールに包まれていた竹内まりやが、明かした夫・山下達郎との間柄に関係者はギョッとした。

 11月18日、1978年のデビュー以来初となる映像作品『souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~』が発売された。これまで一度も映像作品を発売してこなかっただけに、レコードショップでは多くの人が「竹内まりや」の名前を前にして、足を止めている。冒頭の言葉は、そのDVDに収録されたインタビューで語られたものだ。愛する夫から、なんでも話せる親友へ── 一方の山下もまた心の動きがあったようだ。

「2か月ほど前ですが、山下さんが“卒婚ってどう思う?”と聞いていたんです。竹内さんとのことかははかりかねましたが、聞かれた方はどきっとした様子でした」(音楽関係者)

「卒婚」とは、2000年頃に登場した新しい夫婦のあり方を指す言葉。離婚届は提出せずパートナーのかたちは保ちながらも、それぞれの人生を楽しんで生きていくという、自由な関係を目指すことをいう。

「竹内さんと山下さんは音楽のことはもちろん、なんでも相談できる仲でしたが、子育てが落ち着いたここ数年は、その関係が変化してきたようです。これからは、独立した関係であろうとしているのかもしれません。ふたりはここ数年でさまざまな役目を終えましたからね」(竹内の知人)

 今年、結婚生活38年目を迎えた夫婦に何が起きているのか。

 竹内のリリースラッシュが止まらない。前述のDVDに先立ち、11月初旬には、来年4月スタートで実に7年ぶりとなるアリーナツアーの開催を発表。11月23日には、お笑い番組『コントの日』(NHK)のために書き下ろした新曲を発表した。

「結婚後、こんなに精力的に活動するのは初めてですよ。竹内さんはデビューから4年後の1982年に山下さんと結婚。その後、新曲はリリースするものの、ステージからは離れていましたから。2000年代になってライブ活動などは再開したものの、大々的なものではなかった」(前出・音楽関係者)

 竹内は1955年、2男4女の6人きょうだいの三女として、島根県の出雲大社近くにある老舗旅館を経営する両親のもとに生まれた。高校時代にアメリカ留学を経験し、慶應義塾大学に進学。音楽サークルに所属しバックコーラスを務めるうちにその才能を見出され、メインボーカルを担当するようになった。耳に残る伸びやかな歌声と愛らしいルックスが、レコード会社の目にとまり、22才でデビューを果たした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング