秋篠宮家が批判される背景 「自由を重んじる家風」が要因か

NEWSポストセブン / 2020年12月25日 7時5分

眞子内親王と小室圭氏の騒動には批判も少なくない(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女、眞子内親王と小室圭氏と結婚問題は、なかなか進展しないままだ。2017年9月に婚約内定会見を行ったものの、その後小室氏の母・佳代さんの金銭トラブルが報じられ、当初の祝福ムードは批判トーンに変わった。

 それでもなお結婚に突き進む眞子内親王、そしてそれを「認める」しかなくなった秋篠宮夫妻への批判も溢れている。

 宮内庁にも批判の電話が多く寄せられているという。なぜこのような事態になってしまったのか。

「秋篠宮家の“自由を重んじる家風”が槍玉にあげられているのです。そもそも皇嗣殿下は30年ほど前、皇室で初めての“自由恋愛”で紀子さまと結ばれた。自らの経験を振り返ると、眞子さまを強く説得できなかったのかもしれません。妹の佳子さまが大学卒業の際、『姉の希望が叶う形に』と結婚を後押しする文書を出したことも火に油を注ぎました」(宮内庁担当記者)

 秋篠宮家は進学先にも自主性を認めている。

「皇嗣殿下は10代の頃、学習院大学以外の大学への進学を望んでいたが、上皇陛下の説得でしぶしぶ内部進学したと言われています。眞子さまが護衛の行き届いた学習院大学ではなくICUに進学することを認めたのも、若き日の思いが反映されているという見方があります。

 いずれにしてもICU進学と恋愛に対する大らかな態度が、小室さんの身辺調査の遅れを招いたことは否めない。伝統を重んじる天皇ご一家との対比もあり、秋篠宮家が国民からの逆風に晒されているわけです」(同前)

 知れば知るほど眞子内親王と小室氏の未来は険しい──。

※週刊ポスト2021年1月1日・8日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング