菅野「出戻り」のタナボタで、ついに巨人復帰を果たした桑田真澄の「特命」

NEWSポストセブン / 2021年1月14日 16時5分

積年の恩讐をこえて、ついに古巣に復帰(時事)

 菅野智之のメジャー挑戦はあっけなく空振りに終わり、巨人残留が決まった。巨人ファンと原辰徳・監督にとっては、心強いエースの存在はなによりの吉報だが、スポーツ紙各紙がそれ以上に大きく報じたのが、かつてのエース・桑田真澄氏のコーチ就任だった。投手チーフコーチ補佐という聞きなれない肩書だが、これは菅野への配慮だと見られている。

 巨人担当記者が語る。

「桑田コーチの就任は、菅野のケアのためでしょう。夢だったメジャー挑戦が不成立になり、1年間テンションを維持するための特任コーチだと見られています」

 桑田コーチは会見で菅野について、「今年1年、ジャイアンツでプレーすることが決まりましたので、ジャイアンツのために頑張ってほしい。メジャーのマウンドはすばらしいものがある。それを経験することでさらに飛躍できる」と、今季の奮起とメジャー挑戦を応援する立場を表明している。菅野にとってはうれしいメッセージだろうし、実際にメジャー挑戦の先輩でもある桑田コーチから話を聞いたり指導を受けたりできることは、今季を「無駄な1年」と感じないために重要なファクターになりそうだ。

「菅野にしても、“メジャーに行きます”と宣言しておいて出戻りするのは居心地が悪い。ある意味、桑田コーチは居心地が悪い出戻り組の先輩でもある。桑田コーチが再び巨人のユニフォームを着られたということは、自分も引退後に面倒みてもらえると考えるでしょう。桑田コーチにしても、菅野の出戻りがなければ、このタイミングでの復帰はなかったのではないか」(前出記者)

 桑田コーチは、2006年シーズン中に自ら退団を発表し、メジャー挑戦を表明した過去がある。当時も原監督で、フロントも首脳陣も困惑したとされる。それ以来、ずっと古巣からは冷遇されてきた。大功労者で大スター、指導者としても一流になれると見られていた桑田氏が、その後一度も巨人のユニフォームを着なかったのは、この一件があったからというのが球界の通説だ。だからこそ、その経緯を知るスポーツ紙も「桑田巨人復帰」をあれだけ大きく報じたのだろう。

 2018年オフに高橋由伸・監督が事実上解任され、原監督が政権を引き継いだ際、新しいコーチ陣の布陣が物議をかもしたことがある。投手総合コーチに、コーチ経験のない宮本和知氏が起用されたが、ファンの間では、「なぜ宮本コーチ?」という疑問の声もあった。桑田氏や、同じ世代でエースだった槙原寛己氏などが「より適任ではないか?」と見られたからである。当時、NEWSポストセブンの記事では、野球担当記者のこんなコメントを掲載している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング