別居生活続く益若つばさ 夫には子供が通う学校も知らされず

NEWSポストセブン / 2012年12月27日 16時0分

 2007年の結婚当初は周囲もうらやむ仲良しカップルだった益若つばさ(27才)と夫・梅田直樹(30才)。しかし、“つばさ売れ”ともいわれるように、身につけた服やプロデュース商品が飛ぶように売れる益若に対し、ほとんど仕事のない梅田との“格差婚”と揶揄されることもあった。

「3~4年前から、梅田さんは多忙な益若さんに対して、自分ばかりが家事や育児をすることに愚痴をこぼすようになったんです。その頃から梅田さんは夜遊びで家に帰らないことも多くなって…。最初は我慢していた益若さんですが、そのうちに梅田さんの女性関係まで耳に入ってくるようになり、彼女も我慢の限界に来たようです」(芸能関係者)

 そして2011年10月、益若が当時3才だった長男を連れて梅田と暮らす下町のマンションを出て行き、“別居”をスタートさせたと女性セブンが報じた。当時、ふたりは別居の事実を否定していたが、あれから1年が経った今、梅田の母親に話を聞きに行くと、彼女は声を震わせながら答えてくれた。

「別居生活はもう長いこと続いています。直樹はもう1年以上も自分の子供に会わせてもらっていないみたいで、それがかわいそうでならない。彼女には、とにかく直樹に子供を会わせてあげてほしいんです…」

 実際、梅田は長男がどこの学校に通っているのかさえ知らされていないという。梅田の母は言葉を続けた。

「どんな形でもいいんです。とにかく、早く決着をつけてほしい。私の願いはそれだけです」

 この嘆きの告白を、益若はどんな想いで聞くのだろうか。ちなみに、出ていった益若が現在子供と暮らすマンションは、家賃100万円以上の超高級マンション。格差は今も広がり続けている。

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング