みのもんた、妻の死から7か月 いまだ納骨しない理由とは

NEWSポストセブン / 2012年12月29日 16時0分

 幸福の神・吉祥天を妻に持つ毘沙門天を奉る、室町時代に建立された古刹。高台にある墓地のなかで、ひと際目立つ壮麗なお墓が、御法川家のものだ。

「こんなお墓に夫婦で入りたい」と2009年頃にみのが建て直したばかりで、祭壇には、「努力、運、健康」という言葉が刻まれている。みのもんた(68才)の妻・靖子さん(享年66)が末期がんのため、亡くなって7か月が経った──。

 みのといえば、番組関係者やスタッフと深夜まで飲むことで知られているが、最近はそんな“豪遊”もしなくなったという。都内の行きつけの和食店では、こんな姿が見かけられている。

「今までは大勢で来てたのに、ひとりで来るようになったんです。大騒ぎもしないで、黙々と飲んで、塞ぎ込んで…」(店の常連客)

 深夜のひとり酒を終えた後は、誰も待っていない鎌倉の広い一戸建てに寂しく帰っていく。

「いつも夫婦ふたりでテレビを見ていたキッチンに靖子さんのお骨が今も置いてあるんです。白い布で骨壷を包んであるんですが、それは、靖子さんが生前使っていたショールだそうです」(テレビ関係者)

 いまだ納骨してない理由は、生前に靖子さんがみのに遺したこんな言葉だった。

「“お墓にひとりで入るのは寂しいから、パパと一緒に入りたい”と、お願いしていたんです。みのさんは、その願いを叶えることが、靖子さんへの恩返しと思っているそうです」(芸能関係者)

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング