1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

週1回の断食で体重をコントロールする「月曜断食」のメソッド

NEWSポストセブン / 2021年1月29日 7時5分

週1の断食でお正月太りを解消!

 コロナ禍による外出自粛とお正月休みで、運動不足になっているという人も多いのでは? 道具も運動も不要で、そんな正月太りを解消できると評判なのが「月曜断食」だ。

「太っている人の多くは、とにかく食べ過ぎが原因です」と話すのは、『月曜断食』発案者である関口賢さん。

 これまでいかに食べ過ぎていたかを知るためにも、まずは断食で胃腸をリセット。その後、定められた食事量を摂り、週1回の断食サイクルを続けることで、しだいに体がスッキリし、本来必要な食事量だけで満足できるようになるという。

「断食の医学的エビデンスは明白です。私も糖尿病治療や、減量治療などで一部断食を取り入れています」と内科医の工藤孝文さんも言う。

「胃腸を休めることで、代謝機能がアップしてやせる体質にシフトしていきます。体の不調なども改善し、整っていきますよ」(関口さん)

 まずは、お正月に蓄えた体重を元に戻すことを目指し、1か月の月曜断食から始めてみよう。

日頃、食べ過ぎていないかCHECK

□毎食、お腹いっぱいになるまで食べている
□空腹を感じなくても時間になれば食事をする
□毎日夕食に炭水化物(米、パン、麺類など)を食べている
□食間にお菓子を食べるのが習慣になっている
□食事を終えて2時間以内に就寝することがよくある
※1つでも当てはまるものがあれば食べ過ぎ!

これだけは守ろう【5つのルール】

【1】1回の食事量はこぶし1~2個分までにする

 断食翌日以降の良食日、美食日の1回の食事量は咀嚼した量でこぶし1~2個分までを守ろう。「胃の本来の大きさが自分のこぶし1~2個分。胃は食べた分だけ大きくなるので注意を」(関口さん・以下同)

【2】毎日1.5~2リットルの水を飲む

「水分を摂ることで体内の水分が入れ替わり、代謝がUP! 硬水よりも軟水がオススメ」。冷たい水は内臓が冷えて胃の活動を低下させるので、常温か白湯を。炭酸水は胃にガスが溜まるので避けて。

【3】夜は24時までに寝る

 寝る2時間前までに夕食をすませ、空腹状態で寝ることが大切。「人の体は睡眠中に“体の修復と回復”が行われてやせていきます。質の良い睡眠で、よりやせやすい体を作りましょう」。

【4】食べ過ぎた翌日は夜断食を決行する

「どうしても食べ過ぎてしまったという日もあるはず。それでも大丈夫! 早い段階でなかったことにすることが重要です」。前日に食べ過ぎたのなら、翌日の夜だけ断食を決行しよう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング