1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

追徴課税が求められる競馬に対し宝くじは高額当選でも非課税

NEWSポストセブン / 2012年12月31日 7時0分

 競馬で28億7000万円分の馬券を買って30億1000万円を当て、差し引き1億4000万円を儲けた男性会社員(39才)が、国から7億円以上の追徴課税を求められる、というニュースが話題になった。

 馬券を購入した代金のうち、経費として認められるのは当たり馬券のみで、ハズレ馬券は対象外であるため、このような事態になってしまったのだ。

 年末ジャンボは、1等前後賞あわせて史上最高の6億円となっているが、当せんした場合、同じような高額の税金がかかってしまうのだろうか。結論から言えば、その心配はない。

 宝くじの法律「当せん金付証票法」には、第13条に「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」とあります。当せん金がどんなに高額になったとしても非課税になるのだ。

 当たった後の税金を心配しなくても良いというのは、宝くじの大きなメリットといえそうだ。

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング