1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

年賀状自慢男 定年後年賀状激減で息子に「いい人脈築けよ」

NEWSポストセブン / 2012年12月31日 16時0分

 元日の恒例行事が、夫の年賀状自慢。専業主婦の59才Oさんは、家族内で枚数No.1を自慢する61才の夫に毎年呆れかえっていたというが、定年後、夫の様子がいつもと違ったことがあるようで…。以下、Oさんの告白だ。

 * * *
 毎年、元日に朝早く起きて、郵便受けをチェックしに行くのがウチの夫の習慣。わが家にくる年賀状を代表して取りに行くんです。

 リビングにぜんぶ持ってきて、「来てるな、今年も大量に」と言ってから、「ま、ほとんどオレ宛だけどな」って言うのが毎回のパターン。

 夫は仕事関係からいっぱいきて、100枚は超えてる。それを大学生の息子に自慢して、「いいか、お前も社会に出たらいい人脈築けよ。仕事とか関係なく、信頼関係が築けるかどうか。それは年賀状の数を見ればわかるんだ」って、これを言うのもお決まり。

 息子もそれを見て、感心していたようだけど、夫が会社を定年退職して翌年の元日のこと。この年、郵便受けから年賀状をもってきた夫が青くなってる。しかも、「今年はウチ、喪中だっけ?」ってわけわかんないこと言ってるし。夫が仕事やめたことで、仕事関係の年賀状が激減。数が10分の1に。そりゃそうよね。

 その年賀状の数を見て、息子に「お前もいい人脈築けよ」っていつもと同じこと言ってた。息子も妙に納得してたわ。

※女性セブン2013年1月10・17日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング