デーブ大久保「桑田に避けられていた」 バッテリー時の試合成績は…

NEWSポストセブン / 2021年2月18日 16時5分

巨人時代、ホームランを打った翌日もマスクを被れない日があったという(左が大久保博元。時事通信フォト)

 今季、15年ぶりに桑田真澄が投手チーフコーチ補佐として古巣・巨人に復帰した。電撃的なコーチ就任が発表される直前の1月12日、YouTubeの『デーブ大久保チャンネル』では〈槙原さんが禁断の質問「デーブ、桑田に嫌われてたの?」〉というタイトルで、元巨人の大久保博元とゲストの槙原寛己が現役時代を振り返っていた。

 当時、大久保はホームランを打った翌日にもかかわらず、スタメンマスクを被れないことがあった。その試合は桑田の先発日と重なることが続いたため、師匠と仰ぐ中畑清打撃コーチ(当時)に「僕、桑田の時、外れるのアレなんかあるんですか?」と聞くと、「あれ? お前知らないのか。桑田がお前に受けてほしくないって言ったんだよ」と答えられたという。

 デーブこと大久保博元は1992年5月、中尾孝義との交換トレードで西武から巨人へ移籍。「ホームランを打つと負けない」という“デーブ神話”も生まれ、最下位に沈んでいたチームを首位に押し上げる原動力となった。

 この年、桑田真澄は10勝14敗と2桁勝利を挙げたものの、防御率4.41は規定投球回以上の投手でワースト2位。6月から7月にかけてチームの10連勝、4連勝、7連勝を全て止めてしまい、“連勝ストッパー”の汚名を受けた。巨人は2ゲーム差でヤクルトに優勝を明け渡し、前年16勝の桑田は期待の高さゆえに戦犯扱いされた。

 同年オフに長嶋茂雄が監督として巨人に復帰。前年に猛打を爆発させていた大久保は1993年の開幕マスクを勝ち取り、序盤からアーチを連発。一時はホームランダービートップになるほど打ちまくった。4月27日には、1対3とリードされた敗色濃厚の9回表、横浜の佐々木主浩から逆転3ランを放ち、ヒーローとなった。

 しかし翌日、スタメンが発表されると、捕手は大久保ではなく、村田真一だった。日刊スポーツは〈桑田、大久保と相性合わず スタメンに村田真一〉と見出しを打った。桑田はコメントを求められている。

〈僕はだれだって構いません。いつも言っているじゃないですか。毎日を楽しく過ごせればそれでいいんです〉(1993年4月29日・日刊スポーツ)

 この日は雨天中止になったが、桑田スライド登板の29日はやはり村田がマスクを被った。

 調べてみると、たしかに桑田と大久保の相性は良くなかった。1992年、桑田が先発した試合は5人の捕手がマスクを被り、大久保は最多の12試合だったが、成績は以下になる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング